北海道インカレ5000M

2018年6月3日(日)

 

沢山のご声援、本当にありがとうございました

 

最後のインカレ出場となった玄、一輝、達也を囲んで

 

すえーでん、ゆっこ、くんちゃん、忙しいのにありがとう

 

いつも応援ありがとうございます!!

 

レース後の様子

 

こんにちは、作田です。

北海道インカレ最終日、5000M決勝が行われました。

各種目3名枠のため、どうしても出場できないメンバーがいます。

現状を考えると、今の2年生、3年生の方が走れたでしょう。

なぜなら4年生は就職活動の真っ最中で、練習だけに打ち込む余裕はありません。

しかし、多くの4年生が退く中、走ることを続けてきた彼らに、最後は自分の種目でゴールして欲しいという想いがありました。

澤井玄、山中一輝、牧野達也に結果はどうあれ、走ってもらいたかったのです。

これが入賞が期待できる、上位がかかっているならそういう選択はなかったでしょう。

今のメンバーだからできること。

快く理解してくれた2年生、3年生には感謝しています。

 

同日、3年生の大聖と亮太は小樽選手権へ

 

結局、競技中止となりましたが

 

それも、良い思い出ですね

 

手宮線の線路を眺めるだけでワクワクします

 

それでは、女子5000M決勝から。

昨年から札幌国際大学が上位を占め、女子5000Mも活気があります。

高校で長距離を辞める選手が多い中、このスタートラインに立つこと自体、立派です。

 

出場選手も増えましたね

 

緊張している様子

 

ちょっと不安な表情

 

スタートします

 

颯爽と走りだします

 

トップの中塚選手

 

札幌国際大学の後ろは酪農学園大学の徳永選手

 

千文も頑張ります!

 

1月のハーフマラソン後、約2ヵ月けがのため走れず

 

また一からやり直しです

 

秋には絶好調で挑みたいですね

 

一人で練習し、ここまで走り立派だと思います

 

千文も今まで以上に練習頑張ろう

 

徳永七海選手は2日目に行われた女子3000M障害でも優勝しました!

 

そのバイタリティに感動しました

 

優勝の中塚選手の走り

 

タイムは17分07秒50

 

80秒~82秒で押していました

 

とにかく練習です

 

 

酪農学園大学の徳永七海選手は、1日目に10000M(38分06秒19)、2日目に3000M.SC(11分57秒58)、

そして3日目の5000M(18分34秒13)と、会場にいた我々も圧倒されました。

 

さすがに疲れた表情でしたが、その頑張りに感動しました

 

続いては、男子5000M決勝です

 

楽しみです!!

 

スタート前の山中一輝、澤井玄

 

樹も応援に回ります

 

玄、謎の腕立て伏せ

 

裕未ちゃんも面白がっています

 

辛くなったら、この写真見て元気になるわ

 

あ、はい、僕たちもそう思います

 

スタート10分前

 

意外とリラックスしています

 

いよいよスタート

 

清々しい笑顔

 

高校時代、期待されながらけがに泣き

 

2度の手術をしてまで走りたかった玄だから

 

これからが玄のマラソン人生だよね

 

いや、そんなことより花粉症が・・・

 

位置について

 

スタートしました

 

迫力ありますね

 

70秒前後で

 

その後も、勢いありますね

 

各大学を代表する選手ばかりです

 

澤井玄は72秒で

 

前半はもっと落とさないと

 

79秒で入る一輝と達也

 

ペース走のようなリズムです

 

今日の玄は当たって砕ける覚悟です

 

砕けていいので、積極的にね

 

ちょっと落ち着きすぎかな

 

もっとパンチある走りを

 

トップ集団の走りを見るだけで色々と学べますね

 

リズムよい集団だと最後まで行けるんですよね

 

色々な競技会で活躍している選手がずらりと走っているので嬉しくなりますね

 

2000M通過は6分00秒

 

一輝、達也は80秒切るくらいで

 

一旦、このリズムに慣れてしまうと、なかなか上がらないんですよね

 

1秒ずつ上げる気持ちで

 

みんな必死の表情です

 

あとで後悔しないように

 

トップを引っ張った、星槎道都の松舘悠斗選手

 

玄はここからが正念場

 

少し上がったかな

 

でも、これなら練習と変わらない

 

周を重ねるごとに苦しくなる、玄

 

これでいい

 

無難に走ったなら、それなりに出せたのだろうけど

 

もっと追い込まないと

 

 

後半に期待します

 

気持ちを強くね

 

迫力ある応援

 

くんちゃん、このポーズは

 

これは苦しい

 

ゴールすることだけを考えて

 

もう、がむしゃらです

 

見守っています

 

少し苦しくなってきました

 

あと3周

 

あと2周だけど、ラップは落ちる一方で

 

ラスト2周

 

最後の1周

 

一輝も

 

達也も

 

なんとか玄がゴールしました

 

お疲れさまでした

 

一輝もゴール

 

達也も

 

きつかった

 

祐季がサポートします

 

みんな苦しかった

 

駅伝では倒れこむくらいに

 

ゴール後

 

澤井玄

 

山中一輝

 

牧野達也

 

もっと頑張れたのに

 

応援ありがとうございました!!

 

最後は澤井玄から、御礼の言葉を

 

4年なんてあっという間ですね。

指導者もおらず、自主性に任せるしかなかった北海学園大学陸上部長距離ブロック。

名門、札幌山の手高校に入り、期待されながら2度の手術で、結果を残せないまま終わってしまった澤井玄。

悔しかっただろうね。

サークル的に楽しんで走っていた山中一輝、牧野達也。

彼らが発奮したからこそ、今があると思っています。

本当にありがとう。

今のままで良いので、駅伝まで走り続けてください。

 

 

 

これからも、宜しくお願い致します

 

北海学園大学の最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG