北海道インカレ10000M

2018年6月1日(金)

写真:柳澤保志

 

応援して頂き、学生達も嬉しかったと思います

 

お忙しい中、ありがとうございます

 

こんにちは、作田です。

第70回北海道学生対抗陸上競技選手権大会が厚別公園陸上競技場にて開催されました。

6月1日(金)~3日(日)までの3日間、それぞれの種目で予選、決勝があります。

北海学園大学陸上部長距離ブロックメンバーは5000Mと10000Mに出場しました。

まずは初日(1日)の10000M決勝の様子からどうぞ。

男子10000Mには島谷樹、牧野祐季、瀬能拓真、女子10000Mには及川千文が出場しました。

 

中学、高校の競技会のような賑やかさはなく、緊迫した雰囲気です

 

ちょっと寂しいですね

 

準備をして頂き、感謝です

 

もたいさん、アケミさん、極道ミエさん

 

盛り上げてくれて、涙が出そうになりました

 

スタート10分前

 

酪農学園大学の徳永選手と

 

女子10000Mは2名の出場です

 

淡々と走ります

 

一人ペース走のような感じです

 

徳永選手は1000M/3分45秒~50秒ペースで積極的に走ります

 

 

競い相手がいないのはキツいですね

 

一人でこのタイムは立派です

 

自己ベストには遠く及びませんでした

 

それでも一定ペースで

 

トラックには二人だけ

 

七海ちゃんコールが大きかったです

 

千文~!!

 

後半はペースが上がりました

 

あと3周

 

そして酪農学園大学の徳永七海選手が38分06秒19で優勝!!

 

感動しました

 

さすがに疲れたのでしょう

 

昨年よりタイムが良かったですね

 

尚子さんがゴールに向かいます

 

次のレースも頑張ってください!!

 

そして千文

 

ラスト1周は90秒でした

 

ゴールしました

 

疲労骨折が完治したばかりで心配でした

 

ゴールしてホッとしました

 

ヒデキも感激

 

続いては男子10000M

 

祐季、落ち着いて

 

スタート前の拓真

 

緊張している、樹

 

リラックスした祐季の表情

 

野村隼斗選手

 

貫禄出ましたね

 

スタートしました

 

北北西7m/sと、かなり強いです

 

あまり記録は期待できないコンディションです

 

1周目は75秒前後で通過

 

樹、拓真は80秒で

 

 

トップ集団は72秒を切るペースで

 

4年生の工藤拳大選手、走ることが大好きなのですね

 

このグループは31分前半ペースです

 

このままいくと32分30秒前後なのですが

 

冷静に走ります

 

前半は拓真も余裕がありました

 

さあ、ここからは拓真を中心にご覧ください

 

同じような写真ですが、周回が違います

 

このあたりもまだ元気

 

ここから一人になって

 

前を追いますが

 

トップのNGURE選手が早くも抜き去ります

 

それでも樹を抜き

 

積極的に前に出ます

 

次の周も

 

6000M過ぎまでは順調でした

 

後半ペースが落ちるも

 

粘ります

 

こんなにいい写真を撮ってもらって

 

保志さん、ヒデキさんに感謝ですね

 

お疲れさまでした

 

そのころ、七海さんと千文は一緒にクールダウンをしていました

 

これからも宜しくお願い致します

 

再び、10000Mへ

 

野村隼斗選手

 

ご存知、野村智幸さんのご長男です

 

小学生の頃から知っているけど

 

逞しくなったね

 

フォームも安定しています

 

これからも応援しています

 

工藤選手、小林選手と

 

次の周回

 

最後まで競い合っていましたね

 

 

少し前に出て

 

後半も粘りました

 

力強かったです

 

お疲れ様でした

 

そして樹

 

あまり調子が良くないので、期待はしていませんでした

 

苦しそうな表情ばかり

 

これも

 

ペースもどんどんダウンし

 

 

NGURE選手に周回遅れ

 

かっこよかったです

 

どの写真見ても苦しそうで

 

もう修正できないほど

 

同じような写真ですが

 

1周毎に思いは違ったでしょう

 

仲間は過程を見てくれるけど

 

 

周りは結果しか見ないからね

 

わかっています

 

タイムは伸びないけどなぜか、感動するんだよね

 

この表情に

 

いつもボロボロの状態で(泣笑)

 

いつも次こそと期待しているんだけどね

 

今回も外してしまったね

 

でも、みんなに愛されるのが樹

 

応援も緊張の連続ですよ

 

最後は祐季

 

大きく成長したと思います

 

タイムというより人間として

 

表情を見ればわかります

 

3000M過ぎまではきれいなフォームを維持していましたが

 

4000Mあたりから苦しい表情になり

 

ラップも落ち始めました

 

腰も落ち

 

 

脚も上がらなくなってきました

 

しかし、ここからが祐季

 

これ以上は落としません

 

終始この表情

 

80秒以上は落とせない

 

後続に追い付かれるも

 

呼吸を整え

 

なんとかペースを維持して

 

最後は引き離し

 

なんとか10位でゴール

 

タイムは振るいませんでしたが

 

終わってほっとした様子

 

北星学園大学の山根選手、強くなったね

 

最後はゼッケン外して

 

終了後、亮太が樹をサポートします

 

達也と大聖が拓真をサポートします

 

女子10000M表彰式の様子

 

男子10000M表彰式の様子

 

終了後

 

皆さん、応援ありがとうございました!!

 

すごく嬉しかったと思います

 

応援、ありがとうございました

 

金曜日にもかかわらず、厚別競技場まで応援に来てくださり、ありがとうございます。

練習の成果を発揮することの難しさを知ったと思います。

ですが、これだけの応援、過去に味わうことはなかったでしょう。

嬉しかったです。

これからもどうぞ、宜しくお願い致します。

北海学園大学の最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG