作.AC真駒内マラソンから1週間

2019年11月11日(月)

 

11月3日(日)作.AC真駒内マラソン

 

今年は1708名のエントリーがありました

 

フルマラソン男子総合優勝の土橋晋也選手、タイムは2時間22分13秒の大会新記録

 

フルマラソン女子総合優勝は光岡美貴選手、タイムは2時間55分34秒

みなさん、こんにちは。

作.AC真駒内マラソンが終了し1週間が過ぎました。

詳細は次回、させて頂きますね。

ご報告が遅れてしまい、本当に申し訳ありません。

追い風になっているときこそ平常心を忘れてはいけないと、いつも心に誓っております。

レースにおいても、このまま追い風に乗って、ペースを上げて良いものかと。

気づいた時には全てを失っていた、ということも稀ではありません。

大きな波が去った後で、大概は何も残らないものです。

それに飲まれて、それまで育んできたものを失わぬよう、今の環境を大切にしながら、これからも歩んでいきたいと思います。

それでは、10月27日(日)のしまだ大井川マラソンinリバティから11月10日の練習会までをご覧くださいませ。

 

大井川河川敷を走る7時間制限で楽しい大会ですよ

 

今年は天候に恵まれましたね!

 

同じく10月27日(日)群馬県太田市において「2019上州太田スバルマラソン」が開催され、

 

SUBARU陸上部コーチの滑和也さんが招待選手として走りました!

滑和也さんは、北海道札幌市出身。

2009年に北海学園大学を卒業した後は作.AC北海道に入部、2010年には国体成年男子1500Mで8位に入賞しました(3分47秒12)

2011年にSUBARU陸上部に加わり、2014年から2016年までの3年間、ニューイヤー駅伝を走りました。

現在は、SUBARU陸上部のコーチとして活躍しています。

 

10kmを30分10秒前後で気持ちよく走ったそうです!貫禄の表情ですね

SUBARU陸上部は11月3日(日・文化の日)埼玉県熊谷市において開催された、第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会において総合8位に入賞したそうです。

2020年元日に行われるニューイヤー駅伝が楽しみですね!

 

SUBARU陸上部の皆様の健闘を祈っています

しまだ大井川マラソンinリバティに参加したメンバーは翌日(10月28日)、静岡観光をしました。

バスに乗って、贅沢なひと時を過ごすことができました。

 

美保の松原にて

 

897.4Mの長さを誇る蓬莱橋

 

また来年もみんなで行きたいですね!

10月29日(火)からはいつもの毎日です。

まずは、澤井玄の朝練からどうぞ。

 

フルマラソンを走って2日後の澤井玄

 

かなり疲れた表情です

 

10月29日(火)からマルヤマクラスにて作.AC真駒内マラソンの事前受付

 

北海学園大学の牧野祐季が受付係です

 

お昼はマルヤマクラス3階の杵屋で

 

夕方、北海学園大学陸上部の練習

 

10月31日(木)の朝練

 

さだめのように川は流れる

10月31日(木)の夕方、TBS報道特集の取材がありました。

キャスターの日下部正樹様はじめ、ディレクターの両坂様には深く感謝しております。

 

北海学園大学陸上部メンバーに温かい言葉をかけてくださり、ありがとうございます

 

その後、アシックスナイトランを行いました

 

11月1日(金)の朝練

 

朝から寒かったですね

 

作.AC真駒内マラソン事前受付最終日にヒデキ

 

夜は健治と二人で夕食を食べながら、作マラの打ち合わせ

 

11月2日(土)作マラ前日でしたが

テレビ朝日サンデーLIVE!!の取材がありました。

映像を担当していらっしゃるスタッフの方はなんと、第1回の作.AC真駒内マラソンを走られたそうです。

嬉しかったです。

 

朝6時30分から取材がありました

 

取材は澤井玄さんと一緒に

 

取材後、午前10時から真駒内公園で練習会を行いました

 

朝練して、取材受けて、そして真駒内に直行で玄はつらかったでしょう、申し訳なかったです

 

この4年、彼らに支えられました

 

来年、一人でも部員が入るといいね

 

練習後は

 

作.AC真駒内マラソンの準備

 

毎年恒例となっているクリアファイルですが

第1回から続いている直筆のクリアファイルですが、毎年、多くの皆様が楽しみにしていることを知りました。

そのように思ってくださり、この上なく嬉しいです。

ありがとうございます。

私がもし、作.AC真駒内マラソンに参加し、主催された方からの直筆のクリアファイルを受け取ったなら、やはり皆様と同じ気持ちになると思います。

 

これは澤井玄さんのものです、いったい誰が当たったのでしょう

 

健治、一輝も書いてくれてありがとう

 

コース誘導係は、札幌スポーツ館RCの皆様が担当です

 

開会式の様子

 

準備体操

 

1km/5分45秒ペース、4時間切りの選手です

 

直樹さん、毎年ご参加くださりありがとうございます!

 

優勝の土橋晋也さん

土橋晋也さんはスタートから一人で1km/3分20秒を刻み、10kmごとのラップは33分20秒弱。

30kmの通過も1時間40分を切るものでした。

前週のフードバレーとかちマラソンではハーフマラソンを1時間07分18秒、このタイムをもってして今回のゴールタイム2時間22分13秒は確かに妥当なのですが。

一人で飛び出し、一人でペースを作り、そのタイムを最後までキープするには難しいコースです。

よほど、精神的にタフでないといけません。

33km過ぎ辺りから「つらくなった」そうですが、その後もよく粘りましたね。

素晴らしかったです。

ゴール後、土橋さんにインタビューしたのですが、

「作田さんが大好きで、作田さんに褒めてもらいたくて必死に走った」

お世辞とはいえ、嬉しかったです。

彼の走りに対する純粋な気持ちを裏切らぬよう、これからもずっと支えていこうと思いました。

 

純粋なんですよ、土橋晋也さんは

 

1km/4分ペースで走り切った渡辺選手

 

札幌スポーツ館RCの山口浩司さん

 

3時間30分切りのペースランナーは北海学園大学の島谷樹

 

男子フルマラソン50代の部優勝は江戸将人選手

 

男子10km39歳以下は佐藤真吾さんが優勝

 

女子フルマラソン40代の部優勝は光岡美貴さん

 

ゴールテープ、最後まで手伝ってくれてありがとう!

 

レース終了後、土橋晋也さんを囲んで

 

翌日(11月4日)はJR苗穂駅に集合し

 

栗山町で練習

 

農道を走りました

 

馬追橋から眺める夕張川

 

JR栗山駅

 

全員揃って記念写真を撮りました

 

11月5日(火)の朝練

 

夜はアシックス火曜日ナイトラン

 

ナイトラン後、走って帰りました

 

11月6日(水)の朝練

 

フルマラソンの疲れが抜けず、つらそうでした

 

11月6日(水)マルヤマクラスRUN&WALK

 

11月7日(木)は真駒内アリーナにて400M×10本(R200M)

 

この日は夜からHTBイチオシの!の出演でした

 

終了後、アシックス木曜ナイトラン

 

その後、身近なメンバーで食事会

 

こんなプレートを作ってくださり、すごく嬉しかったです

 

エビフライが美味しかったです!!

 

11月8日(金)の朝練

 

今日も、さだめのように川は流れる

 

午後から、大聖と食事をしながら個人ミーティング

 

11月9日(土)はJR苗穂駅に集合し

 

苫小牧陸上競技場にて練習を行いました

 

祐季、拓真は20000m(AVE.3分30秒以内)

 

健治、大聖は12000M(AVE.3分25秒以内)

 

樹と拓海

 

玄は、一人で16000Mペース走

 

尚子さん、千文

 

トヨタ自動車北海道の皆様、ありがとうございます!

 

11月10日(日)は回復20km走

 

それぞれのペースで走りました

 

楽しかったですね

今週末はアシックスランニング講習会です。

今月はメルキュールホテル札幌にて講習会を行ったあと、雪が降らなければ12kmのペース走を行う予定です。

ご参加予定の皆様、宜しくお願い致します!!

作.AC真駒内マラソンの最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG