2019函館マラソン

2019年7月7日(日)

 

野村さん、孝弘、磯松さん、尚子さん

こんにちは、作田です。

7月7日(日)開催されました函館マラソンに、作.ACメンバーが出場しました。

 

[ハーフマラソン]

高橋孝弘(作.AC旭川)1時間10分11秒 総合50位(種目別1位)

磯松紀広(作.AC北海道)1時間11分17秒 総合53位(種目別1位)

野村智幸(作.AC北海道)1時間17分39秒 総合90位(種目別1位)

松田洋(作.AC北海道)1時間19分12秒 総合104位(種目別4位)

馬場美帆(作.AC札幌)1時間29分47秒 総合24位(種目別2位)

太田尚子(作.AC北海道)1時間30分03秒 総合25位(種目別1位)

辻井繭美(作.AC札幌)1時間37分25秒 総合50位(種目別7位)

 

[フルマラソン]

渡邊遼平(作.AC札幌)2時間50分18秒  総合36位(種目別8位)

 

また同日、新十津川町でピンネシリ登山マラソンが行われました。

この大会には、作.AC札幌の小高公秀さん、島崎昌敏さんが出場しました。

 

きみひでキャプテンと昌敏

 

昌敏は30kmの部で2位に入賞しました!

改めまして、函館マラソンにご参加された皆様、お疲れ様でした。

結果を拝見致しますと、道内の市民大会で活躍されているランナーの皆様が多いと感じました。

東京マラソンの準エリート枠がこの大会の上位者から選ばれることもあり、東京マラソンに憧れているランナーにとっては、

何が何でも走りたかったのではないでしょうか。

今年は気象条件にも恵まれ、多くの選手が好タイムで走られていましたね。

私も何度か試走させて頂きましたが、函館を堪能できる、素晴らしいコースだと思いました。

 

スタート前の緊迫した会場内

 

千代台公園陸上競技場

 

五稜郭公園

 

外周約2kmあります

 

スタート前の尚子さん、ロッテンマイヤーさん、麻衣さん

 

レース中の尚子さん

 

必死の表情

 

ゴール後の尚子さん、おりんごさん、繭美さん

 

野村智幸さんが増田明美さんと一緒に

 

孝弘、いつも作.AC旭川を盛り上げてくれてありがとう

今年絶好調の高橋孝弘さん。

ここまで来るには相当悩み、苦しんだと思います。

ケガで大きな手術をし、2年ほど走れず、その間、自分の特性を知るまで試行錯誤を繰り返し、ようやく確立した今であると、いつも遠くから想っています。

調子よい時こそ、隙ができることが多いので、軸を揺るがさず、ケアを怠らず、これからも頑張ってほしいです。

 

この写真、凄く嬉しいです

磯松さんと出会ったのは今から10年前。

確か初フルマラソンは、2010年の洞爺湖マラソンで1km/4分30秒で走るチームメンバーのサポートだったと思います。

今は、フルマラソンで2時間30分を切るまでになりました。

年齢的に疲労回復にも時間がかかるでしょうし、ケガも治りづらいでしょう。

ギリギリの一歩手前で練習を終えなければ、翌日に繋がらないことを実感していると思います。

しかし、実感しているからこそ、今があるのでしょう。

久し振りに北海道に来て、なおチームメンバーを大切にしてくれて、本当に嬉しかったです。

 

松田洋さん、野村智幸さん、太田尚子さん。

走力以上に記録が期待できる今の時代だったなら、もう少し記録も伸びたでしょうね。

みんな平等に年を重ね、衰えていくことを、意外とその年齢になるまで気がつきません。

ですが、年齢なりの精一杯が出せたのなら、それでいいのではないでしょうか。

20代、30代で使い切るか、50代、60代まで温存して今に至るかどちらかです。

これまでの経験を活かして、それぞれの地域でご指導されているとお聞きしています。

自分より、周りの活躍が楽しみな年齢になってきましたね。

私も同じです。

今週末は旭川30Kでペースランナーを務めます!!

ご参加される皆様、宜しくお願い致します。

函館マラソンの最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG