憧れの、びわ湖毎日マラソン

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月4日(日)

 

びわ湖毎日マラソンに出場した磯松紀広選手、高田由基選手、そしてマネージャーの菊地真司さん

 

磯松紀広選手

 

みんなの親友、高田由基さん、あ、もちろん僕の親友でもあります

 

この3人は本当に仲が良いんですよね

 

少し、期間が開いてしまいましたが、3月4日(日)に開催されました、びわ湖毎日マラソンの報告をさせて頂きます。

私が20代、30代の頃、市民ランナーとして常に意識していたのがフルマラソンで2時間30分以内を出し続けることでした。

30代中ばで2時間30分以内をクリアできなくなり、その後何度も色々な大会でチャレンジしましたが、結局、2006年の2時間31分40秒(大田原マラソン)を最後に、けがを理由に諦めてしまいました。

なぜ、2時間30分以内にこだわっていたかというと、それは、東京国際マラソン、そして、びわ湖毎日マラソンに出場したかったからです。

当時は参加標準記録2時間26分以内が福岡国際マラソン、2時間30分以内が東京国際マラソン、びわ湖毎日マラソンでした。

なお、東京国際マラソンの後継大会として、2007年より現在の東京マラソンがあります。

おそらく、当時の自分を思い返してみると、大衆化された東京マラソンへの興味が薄れたのかもしれません。

現在、エリート部門は男子で2時間21分以内ですよね。

それでいいと思います。

そうなると女子も2時間40分以内が妥当かと思いますが、なかなかそうはいかないのでしょう。

あ、すいません、脱線してしまいました。

さすがに、市民ランナーとして福岡国際マラソンの2時間26分以内を続けることは、当時の環境を考えると厳しいと思いましたから。

私は、国立競技場発着の2月の東京国際マラソンを選んでしました。

なので、3月のびわ湖毎日マラソンはいつも見送っていました。

いつか出れるだろうと高を括っていたからです。

ところが、仕事や、人との付き合いに追われ、というより、練習不足と、強い練習意欲に欠け、結局は出せないまま終わってしまいました。

いまでも、びわ湖毎日マラソンに出場できなかったことが悔やまれます。

どうしても出場したかった大会ですから。

自分にとって、この、びわ湖毎日マラソンは今も憧れです。

だからこそ、その大会に、作.AC北海道の磯松紀広が出場できることが決まった時は、本当に、自分のことのように嬉しかったです。

 

1月28日(日)の勝田全国マラソンで初の2時間30分切り!!

 

自分が一人で、どこにも属していなかったら、もしかしたら、それを妬んだかもしれません。

だから仲間って、改めて良いと思います。

過去、びわ湖毎日マラソンに、作.AC北海道メンバーから松田洋さんが出場しました。

1997年 2時間29分28秒 96位

1999年 2時間25分41秒 63位

2009年  2時間28分42秒  59位

その時の気象条件により、タイムの割には順位が良かったりします。

また、片山純さんも2000年にびわ湖毎日マラソンに出場、2時間23分26秒、

SUBARU陸上部の滑和也選手は昨年(2017年)出場し2時間15分45秒で20位でした。