美瑛ヘルシーマラソン優勝は作.AC旭川の高橋孝弘

2019年6月9日(日)

 

優勝の髙橋孝弘(作.AC旭川)

今年で32回目となる、丘のまちびえいヘルシーマラソン。

美瑛町白金白樺街道をスタートし、ゴールは丸山運動公園陸上競技場です。

ハーフマラソンのほか、クォーター(10.548km)、ワンエイツ(5.274km)があります。

毎年、増田明美さんがゲストというのも人気の一つで、今年は5054人が走られたそうです。

 

2019年6月10日(月)のスポーツ報知より

びえいヘルシーマラソンのコースは、スタートからほぼ下りで、唯一、15km手前で標高差35Mの上りがあるのみです。

標高650Mから247Mまで約400M下るということもあり、記録はハーフマラソンで約3分~5分縮まると言われています。

なので、あくまで参考記録になるのでしょうが、多くの選手が好記録を出すのも特徴の一つです。

なにより景色が素晴らしいですよね。

ハーフマラソンは作.AC旭川の高橋孝弘選手が1時間08分29秒で優勝しました。

今年4月の韓国京畿マラソンで2時間28分27秒、5月に行われた道北選手権では5000Mで15分36秒71と絶好調です。

2015年にはケガが悪化し手術、低迷していた時期もありましたが、持ち前の明るさと根性で見事に復活しました。

 

大会結果

[ハーフマラソン]

39歳以下男子

1位 高橋孝弘(作.AC旭川) 1時間08分29秒

2位 木村直也(滝川市役所)1時間11分50秒

3位 畑中大志(北極星AC) 1時間12分21秒

4位 三原佑太(北極星AC) 1時間13分26秒

5位 菅悠介(札幌スポーツ館ランニングクラブ)1時間15分24秒

6位 前田賢二(和歌山県)1時間15分34秒

 

ゴール後の孝弘

 

優勝インタビューも受けたのですね

 

表彰式の様子

 

増田明美さんと、うらやましいです

 

写真はワンエイツ(5.274km)の部3位の木村圭祐さん(作.AC旭川)

 

作.ACさるふつの久保さんもワンエイツ(5.274km)の部4位でしたね

孝弘君は、とにかく元気が良くて、それでいて繊細で優しいんですよ。

どんなことも試練と受け止め、克服するまで諦めない彼の想いが、今の結果につながっているのだと思います。

みんなに応援されるのも、孝弘の人柄です。

本当におめでとう!!

北海道選手権、応援に行きますからね。

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG