韓国京畿マラソンで高橋孝弘が優勝!!

2019年4月21日(日)

韓国京畿マラソン

高橋孝弘(作.AC旭川)が優勝!!

2時間28分27秒

 

4月22日(月)の地元紙より

作.AC旭川の高橋孝弘選手が4月21日(日)韓国・水原市(スウォン)で開催された第17回韓国京畿(きょんぎ)マラソンに旭川代表として出場しました。

結果は優勝、タイムは2時間28分27秒。

自己ベストです!!

 

スタート前の様子

 

いい表情ですね

 

ゴール付近にて

 

表彰式の様子

 

私も、すごく嬉しいです!!

 

 

レース3週間前に菊地マネージャーから、

「TAKAちゃん(彼の愛称です)のレースに向けた30000m練習会を開きたい」

と打診があり、この時期、落ち着いて集中できる場所と、苫小牧を選びました。

ペースは当初、彼の自己ベストからAVE.3分45秒(90秒)設定で考えていました。

春先の屋内から屋外練習への移行は、足の疲労を考え慎重にと思ったからです。

しかし、30000mをAVE.3分40秒で余裕を持って走る練習は十分積んできたと、自信に溢れていたので、設定を上げ、チームメンバーで彼の練習をサポートしました。

 

3月31日(日)京畿マラソンに向けた3週間前の30000M走(1時間48分14秒/AVE.3分36秒)

 

かなり余裕がありました

 

ラスト1000mは力みなく3分20秒まで上がりました

2014年に作.AC旭川を発足し、勢いづいていた2015年。

離断性骨軟骨炎と診断され、手術をし、それから4年。

ここまでの道のりは相当厳しかったと思います。

挫けずに、よくここまで頑張ってきたと嬉しい気持ちでいっぱいです。

これも作.AC旭川のチーム力でしょう。

野村智幸さんはじめ、キャプテンの富山潤司さんの人柄の良さが良い雰囲気を作っているのだと思います。

 

レース後、観光も楽しんでいるようです

 

なんでしょうね、このオブジェは

 

韓国の繁華街でしょうか

 

夜景がきれいですね

 

トレーニングも忘れてはいません

 

気絶しそうです

 

ユニフォームを着て走ってくれて、ありがとう

孝弘、優勝おめでとう。

まだまだ若いのだから、一気に登ろうとせず、着実にね。

これからの活躍を楽しみにしています。

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG