静岡マラソン2019

2019年2月24日(日)

静岡マラソン2019

 

野村隼斗選手(札幌学院大学)が2時間25分13秒で5位!!

こんにちは、作田です。

日曜日(24日)は、アシックスランニング講習会でした。

たくさんの皆様にご参加頂き、本当に嬉しかったです。

来月は3月17日(日)、場所は札幌市産業振興センターになります。

来月も宜しくお願い致します。

 

ご参加頂いた93名の皆様、ありがとうございます!

そして同日、静岡マラソンが開催されました。

北海道からは土橋晋也選手、そして札幌学院大学の野村隼斗選手が出場しました。

野村隼斗選手は、作.AC北海道の野村智幸さんの息子さんです(笑)

 

結果は下記の通りです。

[静岡マラソン2019]

1位 川内優輝(埼玉県庁)2時間13分41秒

2位 伊藤太賀(スズキ浜松AC) 2時間14分25秒

3位 橋立旋(上武大学) 2時間18分29秒

4位 土橋晋也(アスリート・ラボ) 2時間23分14秒

5位 野村隼斗(札幌学院大学) 2時間25分13秒

6位 大野誠士(愛知工業大学) 2時間25分34秒

7位 樽木将吾(小田原市役所) 2時間25分40秒

8位 Matthew John Di Masi 2時間26分38秒

9位 中川学(Honda-RC) 2時間26分59秒

10位 伊澤聡(平塚市役所) 2時間27分50秒 

優勝は埼玉県庁の川内優輝さん。

野村隼斗選手は学生の部で2位入賞、土橋晋也選手は一般参加選手中、トップの成績でゴールし、12月に開催される台北マラソンの招待選手に決まりました。

ここで、土橋晋也選手と、野村隼斗選手の通過ラップを比較してみたいと思います。

 

野村隼斗選手の5km毎のLap Time

17分11秒-17分21秒-17分13秒-16分56秒-16分38秒-17分20秒-17分49秒-17分10秒-7分35秒

前半ハーフ1時間12分17秒

後半ハーフ1時間12分56秒

2時間25分13秒(ave.3分27秒)

 

土橋晋也選手の5km毎のLap Time

17分14秒-17分20秒-17分13秒-16分54秒-16分38秒-17分21秒-17分48秒-15分48秒-6分58秒

前半ハーフ1時間12分18秒

後半ハーフ1時間10分56秒

2時間23分14秒(ave.3分24秒)

 

スタートからの緩やかな下りに対し、焦らず、5km/17分台で余裕を持ち、落ち着いて走っているのが伺えます。

マラソン経験が薄いと、スタートから16分台で飛ばしてしまいそうなところですが、うまく抑えましたね。

16kmから22kmまでは下りのせいか、15km~25kmまでは5km/16分台にペースが上がっています。

そして25kmから35kmまでの一番きついところを、隼斗君が果敢に前に出て集団を引っ張ったそうです。

ここはよほどきつかったのでしょう。

優勝の川内優輝選手も30km~35kmは17分51秒まで落としています。

35kmまでは10名弱の大きな集団で形成されていましたが、35kmを過ぎたところで一気に差が開いたそうです。

最後の37kmからの追い風の下りで多くの選手のラップが上がっています。

川内優輝選手15分00秒、伊藤太賀選手15分11秒、土橋晋也選手15分48秒。

ただ、ここで余裕がないと、せっかくの好条件も活かされません。

それを思うと土橋さん、隼斗君、ともに素晴らしかったですね。

しかも、隼斗君は初マラソンですからね。

大健闘と言えるのではないでしょうか。

 

第2集団を果敢に引っ張る、野村隼斗選手(札幌学院大学)

さてレース後、土橋晋也さんと食事する機会があり、静岡マラソンの結果についてお聞きしました。

練習についてはロング走、ペース走をベースに、大学生に付いてスピードを強化したそうです。

それを裏付けたのが、丸亀ハーフマラソンで自己ベストに迫る1時間06分31秒。

2月16日(土)の3000M+2000Mはそれぞれ、9分06秒と5分50秒。

逆に1時間06分31秒だと、も少しフルマラソンのタイムが出ても良いかと思います。

研修医として忙しい毎日を送っているようですが、仕事以外の時間は全て走ることに充てているようです。

朝も夜も走っている様子で、お会いした時も走る話しばかりでした。

まあ、そんな土橋さんだからこそ、いつも応援しているのですが。

 

土橋さんらしいポーズですね

今後は、道内のレースに参戦するそうです。

土橋晋也さん、そして野村隼斗さんの今後の活躍を大いに期待しています。

作.AC北海道の最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG