日本最北端わっかない平和マラソン2018を振り返って

2018年9月10日(月)

 

作.AC北海道ブログを閲覧してくださっている皆様へ。

このたびの北海道胆振東部地震により被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

また、一昨日開催予定でした、作.AC北海道ランナーズキャンプin伊達大滝にご参加予定でした皆様にも、深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

来年は元気に開催できるよう、日々の生活に感謝し、伊達市大滝区を応援したいと思っています。

また、昨日開催予定のたきかわコスモスマラソン2018(滝川市)、シベチャリマラソン大会2018(新ひだか町)など、道内各地の主要大会も中止となっているようです。

開催に向けて日々準備を重ねてきた主催者様にとって、これほど残念なことはないかとお察しいたします。

来年は盛大に開催されることを心から願っています。

さて、先週開催された、日本最北端わっかない平和マラソンの写真がいくつかあります。

ここしばらくは過去の写真が中心となってしまいますが、ご了承ください。

今は復興を目指し一生懸命取り組んでいらっしゃる皆様に感謝するとともに、

一日も早い復興を願うには、自分自身も努力しなければいけませんね。

それでは、日本最北端わっかない平和マラソンの様子をご覧くださいませ。

好記録は期待できないかもしれませんが、その分、すごく暖かくて、人情味のある大会ですので、来年は多くの皆様にご参加頂けると、稚内市はじめ、地元周辺の皆様も嬉しいと思います。

 

稚内港北防波堤ドームにて

 

上から撮っていたようですね

札幌市中心部から車で約5時間30分、JRで約5時間。

2グループに分け、それぞれ向かいました。

稚内までの道のりも楽しいですよ。

 

JR札幌駅に7時過ぎに集合、職場の皆様も来てくださいました

 

札幌から高速で約2時間、留萌の名所、黄金岬に寄りました

 

海の男気取りだけど

 

コンビニスウィーツ大好きです

 

部活と漫画が大好きです

 

玄からは走る話題以外、あまり耳にしませんね

 

東映映画に出てきそうですね、人物じゃなく、背景が

 

脚が裂けそうなくらいのポーズで、澤井玄

 

 

 

いつもこんな感じで撮っています

 

様々なポーズを要求されます

 

よほど気に入ったのか、なかなか帰りたがらない3人

 

姿勢いいね

 

かれこれ20分はいます

 

沖縄っぽいですね

 

また来年もここに来たいね

 

Bravo!に感激する3人

 

菊地マネージャー組は、道の駅めぐりで

 

マニアが好みそうな駅をセレクトしていますね

 

お昼は士別で

 

そして留萌から約3時間、JR稚内駅に到着です!!

 

JRで到着したメンバー、祐季!なににやけているの!!

 

到着後、写真を撮りました

 

ANAクラウンプラザホテル稚内をバックに

 

昼食は駅付近のお食事処で

 

 

 

到着後すぐに、稚内港北防波堤ドームへ

 

最高です!!

 

風が強くてオールバックな祐季

 

その後、コース下見を兼ねて12kmほどJOGしました

 

祐季の顔が眩しすぎます

 

その後、前日開会式に出席させて頂き、川内優輝さんと

 

前夜祭の様子

 

成功祈願への想いが詰まった、沢山の折り鶴が印象に残りました

 

地元司会の池田さん!!主役を立てる見事なパフォーマンスに感激しました!!

 

当然ですが、池田さんの虜!!

 

たちまち大ファンです!!

 

ステージでの立ち姿勢、きれいですね

 

澤井玄、大勢の皆様の前で堂々たるものです(涙がでそうでした)

 

SUBARU陸上部、奥谷亘監督を囲んで

 

祐季!!奥谷監督の前で、なんて顔するの!!

 

今回の大会でご協賛されているANA様と

 

 

 

会場内には稚内牛乳コーナーや

 

ワインコーナー

 

地元のいくら丼

 

ラーメンコーナーなど、盛りだくさん

 

うん、とってもおいしい~!!!

 

稚内のキャラクターのあざらし、出汁之介ちゃんと

 

最後に、お楽しみ抽選会もありました!!

 

帰りは稚内市平和祈念の灯で写真、でも真っ暗、真っ黒で何も見えません

 

ホテルに戻ります

 

翌朝、眩しいほどのお天気

 

スタート地点まで、バスで移動します

 

日本最北端の地に到着

 

間宮林蔵像で記念写真

 

あけぼの像をバックに

 

宗谷岬をバックに澤井玄

 

レース中の写真は、前回掲載致しましたので、今回はお蔵入りした写真を

 

 

 

祐季、成長したね

 

SUBARU陸上部の塩谷桂大選手、優勝おめでとうございます!!

 

遠藤摩耶さん、優勝おめでとうございます

 

3時間30分以内のペースランナーを務めた阿部雅行さんも応援します

 

リョウさん、安定したラップ、見事な自己ベストおめでとうございます

 

5時間以内の尚子さん、馬場美帆(おりんご)さん

 

年齢を重ねてもマラソンを楽しみ続ける元康さん、尊敬します

 

ミヤサカさん、前夜祭では笑わせてもらいましたよ

 

作マラも走るけど、網走も走るのよ、走りすぎかしら

 

菊地マネージャーと一緒にゴールされた素敵な女性

 

澤井玄が二人!?

 

レース終了後、稚内港北防波堤ドームで

 

亮太が撮っていました

 

別れ惜しい、稚内

 

その後、JRで帰るメンバーは地元のスーパーで買い物をし

 

稚内で小樽なると屋へ行きました

 

 

 

祐季、食べたかったんだよね

 

かなりボリューミー

 

高級トマトジュース、ゆうきくん

 

雅行、まさか、ジェントルで賢明なイメージだったのに

 

逆に大好きになりました

 

普段の穏やかな雅行に戻ります

 

あ、こぼしちゃった

 

大きなパネルの前で

 

 

帰りのJRの旅

 

遠くに利尻富士

 

夕日がきれいでした

 

無事、札幌に到着しました

いかがでしたでしょうか。

まさかこのあと、台風21号、そして地震が待っているとは思いもしませんでした。

今は復興を目指し、懸命に取り組んでいらっしゃる皆様に感謝するとともに、

私も出来ることから始めていきたいと考えております。

辛いとき、苦しいときに、声掛けだけでなく、実際に行動に移してくださる方々も多くいらっしゃいます。

その好意に多くは遠慮する、ですが、そこをわかった上での無言の行動力に人間としての魅力を感じます。

見返りは期待しない、人のいないところで相手を褒める、という人間にはまだまだ程遠いと実感した次第です。

人生は修行ですね。

それでは、明日も健康で、素晴らしい一日となるよう、祈っています。

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG