SUBARU陸上部の滑和也選手

2018年3月29日(木)

 

SUBARU陸上部の情報はこちらから

SUBARU陸上競技部ホームページ

 

 

ケガの多い7年間でしたが、本人はすごく幸せだったと思います。

 

SUBARU陸上部の奥谷監督と、東京マラソン後に

 

2018年3月、北海学園大学陸上部長距離メンバーに囲まれて

 

2011年4月にSUBARU陸上部に加入し丸7年。

あっという間の7年でしたね、滑和也選手。

7年も経ったというのに、あの頃と全く変わらない。

市民ランナーだった彼が、まさか、実業団選手になるとはね。

速くて、強くて、若くて、それに見合ったキャリアを積むと、ましてや実業団選手ともなると、

上だけを見てしまって、今までの恩や、それまでの仲間のことを忘れることが多いものです。

それをまあ、札幌に帰省するたびに連絡をくれて。

彼が愛され続けるのは、そういうところです。

もちろん、選手としても頑張りました。

結果が全ての実業団で、選手として7年務めるのは容易ではありません。

滑ちゃんの大会結果、いつもSUBARUホームページでチェックするのが楽しみでした。

結果が良いと喜び、そうでないと、落ち込み・・・

辛いんだろうなあとか、何を考えているんだろうなあとか・・・

これで踏ん切りがついたでしょう。

これからの人生、全て人とのつながりです。

まだまだ走り続けるとは思いますが、実業団選手としては一区切りですね。

今の気持ちを忘れなければ、大丈夫です。

 

2014年1月1日、3年目でようやくニューイヤー駅伝に初出場(区間4位)

 

颯爽としていました

 

2015年1月1日(ニューイヤー駅伝/区間10位)

 

2015年7月のホクレンディスタンス深川大会

 

2016年2月延岡西日本マラソン(9位/2時間20分51秒)

 

2016年4月チェレンジミートinくまがや

 

 

 

2017年のびわ湖毎日マラソン

 

20位/2時間15分45秒

 

2017年仙台国際ハーフマラソン(1時間04分52秒/22位)

 

SUBARU陸上部の選手としては最後のレースとなった、東京マラソン。

ケガを押してのレースだったそうで、万全の体調で挑めなかったのが悔やまれますが、

どんな形であれ、SUBARU陸上部の選手として走るのは最後となるわけですから、

走らないわけにはいきません。

この日のための練習もつめず、きっと最後という実感はなかったでしょうね。

ですが、そもそも市民ランナーからスタートし、実業団選手にまで上り詰めたこと自体、奇跡なのですから。

たぶん、本人もそう思っていると思います。

よく頑張ったね、滑ちゃん。

 

写真提供は、SUBARU陸上部ホームページより

 

序盤はまずまず

 

雷門付近

 

折り返し地点で

 

北海学園大学時代から、卒業後も走ることを最優先に考え、就職先を模索していました。

北海学園大学陸上部は指導者もおらず、ほぼ野放し状態でしたから。

彼らのルールは、彼らに都合のいいルール。

彼らの常識は、大人にとっては非常識だったのかもしれません。

そんな環境の中、滑和也は、

「自分は出し切った感はない、これで終わりたくない」

そう思ったのでしょう。

地元の市民ランナーとして、誰より真剣に走ることに取り組む姿勢でした。

そして卒業後は、作.AC北海道を選んでくれました。

いつも30代、40代の中に若者が一人、でしたね。

社会人になってからも、どんなに忙しくてもランニング教室、チーム練習会には顔を出してくれました。

作.AC北海道を盛り上げてくれて・・・感謝しきれません。

 

滑和也選手に転機が訪れたのは2010年のホクレンディスタンスチャレンジin札幌でした。

多くの実業団関係者が見守る中、1500Mで優勝。

 

1500M(3分48秒88/優勝)

 

スタートから鋭さがありました

最後のスパートはかっこよかったです

 

優勝インタビュー

 

これがきっかけとなり、実業団チームから注目されるようになりました。

そして2011年4月、ご縁があって群馬県太田市にあるSUBARU陸上部に入部させてもらうことができました。

 

作.AC北海道で2年、そしてSUBARU陸上部で7年、合わせて9年。

自分自身、大学にこだわって進学したわけではなかったこともあり、

北海学園大学に対し、深い思い入れはありませんでした。

なので後輩たちが挨拶しなくても、競技場やつどーむでのマナーや、ルールを守っていなくても見て見ぬふりでした。

面倒なことには巻き込まれたくないという、典型的なパターンです。

 

 

北海学園大学陸上部長距離ブロック

 

今は逆に、学生たちから教わることばかり。

自分にも指導者が欲しかった、なんて今更ながら思います。

誰からも注意されないのはむしろ自分で、正義を貫いて来たつもりが、

それはただ単に、自分の気持ちを押し付けただけに過ぎなかったのですから。

結局は正しいも、正しくないもないのですよね。

いつも、自分自身がしてもらいたかったことを、相手に心がけていますが、

きっと大学時代、滑和也選手もそうしてもらいかったのでしょうね。

 

2016年の札幌スポーツ館ランニングクラブにも挨拶に来てくれ

 

作.AC札幌とも一緒に

 

北海学園大学陸上部と

 

2017年ニューイヤー駅伝

 

補欠に回りました

 

 

 

2017年3月、つどーむで北海学園大学長距離ブロックメンバーと、滑和也選手

 

2017年8月、札幌モエレ沼公園で北海学園大学長距離ブロックメンバーと、滑和也選手

 

 

2018年ニューイヤー駅伝も一緒に応援しました

 

3月8日(木)北海学園大学陸上部長距離ブロックメンバーと

 

この4月から滑和也さんは、SUBARU陸上部コーチとなるそうです。

7年という長きにわたり選手として得たキャリアを生かし、決して良いことばかりではない選手の痛み、辛さ、悔しさ。

滑さんなら、誰よりわかるでしょう。

また、5年先、10年先は市民ランナーとして、走り続けてもらいたいです。

そう願っています。

 

作.AC北海道の最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG