しまだ大井川マラソンinリバティ part4

このエントリーをはてなブックマークに追加

しまだ大井川マラソンinリバティ 最終日編
写真・文/マネージャー 菊地真司
最終日は川根温泉のペンションに宿泊しました~

突然ですが、「しまだ大井川マラソンinリバティ」の「リバティ」って何の意味か分かりますか?
実はこれ、3つの英単語からできた造語なんですよ~
まず RIVER [リバー : 川 ]
そして LIBERTY [リバティー:自由]
さいごは TEA [ティー :お茶]
です。
「自由に走れる大井川があるお茶の町」
という意味を込めて付けられた名前なんですよ~ 
考えられてますねぇ~。
茶にこだわります

さて昨日の大会から一夜明け、いよいよ最終日になりました~
長かったようで短い旅。最終日は思う存分満喫しましょうね!!
実は僕、朝は誰よりも早起きなんですよ~
(誰も聞いていませんね(^^ゞ)
そこでみんなが寝ている間に朝から露天風呂で優雅な時間を過ごしました~
この川根温泉は尚ちゃんいわく、フルマラソンを走った後に入ると筋肉痛が出ない!!
と言うほどスーパー温泉らしいのです。
島田市が誇るスーパー川根温泉露天の湯

さっぱりした後は、なおこ様に誘われ、朝トレーニングを兼ねたランニングに出かけました~。
この温泉には夜到着したのでわかりませんでしたが、
神秘的な光景が広がっているTHE☆川根でございました。
雲が神秘的な雰囲気を醸し出す、川根の大井川と山

やっぱり朝から走らずにはいられない、そんな魂のランナー太田尚子

神秘的な雰囲気に呑まれて、途方に暮れている(ふりをしている)マネージャー

走るに飽き足らず、水泳まで始めようと飛び込みをする(ように見える)尚ちゃん。

たのも~う。朝一で神社に神頼み☆

上のほうまで登ってきましたよ~。やっぱり幻想的な川根です

朝ランを楽しんだら慌てて支度をして出発です!!
いい湯でしたね~また温泉に入りにきます!!
続いては、初日にはチラッとしか見られなかった蓬莱橋を渡りに行きます。
大井川といえば蓬莱橋、蓬莱橋と言えば大井川。
さっそく渡りましょう!!
なが~いながい蓬莱橋

イカしたサングラスが決まってるぅ~小松さん

皆さん、RUN WAY を歩くように渡ります

ど 真 ん 中

ど真ん中からの大井川。やっぱりスケールが違いますね~

ようやくど真ん中過ぎたぜ~。そうね、過ぎたわね。と旅行番組のように渡ります

まだまだ続きます

ようやく渡り終わったね~。ちょっと揺れてたね~

とそこに、ドブに落ちる尚ちゃん。イかしてるぅ~

さ、戻りましょうかしら~

ど真ん中で記念撮影だ!!

蓬莱橋は全長897.1Mあるそうです

蓬莱橋を満喫したら、次は 富・士・山 に向かいます!!
富士山と言えば古くから日本で拝まれていた!?日本一高い山です。
きっと日本一のパワースポットに違いありません。
では行きましょう。レッツゴー~
(♪富士山♪富士山♪富士山♪とはしゃいでますよ~)
島田市から約1時間、だんだん富士山が見えてきました~
富士山は美人が来ると恥ずかしがって雲に隠れてしまうらしいのです。
美ジョガーしか居ない北国チームですので、道中ではやっぱり隠れていました。
 
あ~。富士山恥ずかしがって隠れちゃってるよ~

顔も見せてくれなくなっちゃった・・・。

おっ。だんだん雲が晴れてきた???

しかしついに、富士山が我々に心を開いてくれました!!
これがその姿です!!
ドン!!日本の象徴 富 士 山 (注:これはマネージャーが撮影しました。決して絵葉書ではありません)

この雄大さ、大きさ、勇ましさ。間違いなく富士山です。
このように天気で雲がない富士山を見られたのも、
皆さんが昨日の大会で大雨の中、懸命にゴールを目指して走ったからに違いありません。
ここで富士山パワーをもらって帰りましょう!!
富士山の素晴らしさにたまげるチーム北国

紅葉と富士山

薄とふじさ~ん

富士山ポーズのマネージャーと富士さん

皆さん今回の遠征は満喫できましたね!!
この素晴らしい大会があったからこそ、楽しく過ごすことができました。
富士山パワーをもらいにまた来年も参加しましょうね。
ありがとう しまだ大井川マラソンinリバティ!!
ありがとう 大井川!!
ありがとう 富士山!!
また会いに来るからね!!
最後に富士山と記念写真をどうぞ~