滑和也応援の旅-スタート前-

2015年1月1日

 

滑和也応援テントにて

 

皆様、明けましておめでとうございます。
今年もSUBARU陸上部の滑和也選手を応援してきましたよ!

 

出発前の新千歳空港にて

 

昨年は、滑和也選手が入部3年目で初のニューイヤー駅伝出場という事もあり、
喜びと、期待と、緊張で出発しましたが、今年は5000Mでの13分44秒14の自己記録更新、
そして、昨年と同じ3区を走るということで安心と、心に余裕も持って出発しました。
朝6時20分に家を出て、午前8時の飛行機に乗りました。
羽田空港から高崎までは約3時間。
もちろん新幹線で行けば1時間は短縮できるのですが、
菊地マネージャーから、
「自分の器に見合った乗り物で」
と、特急2240円を削り、経済的に在来線で向かいました。

 

2015年1月1日

 

群馬の佐藤さん、そして藤澤舞さん


藤澤舞さんといえば2014年の100㎞日本代表、2013年のサロマ湖100㎞ウルトラマラソン優勝など、
数多くの実績を誇る有名な市民ランナーです。
「滑さんの応援をしたい」
と、朝5時に千葉を出て、途中の駅から約15㎞走って会場にきたそうです。

 

フラッグをもらって喜ぶ舞ちゃん

 

既に応援の準備が始まっていました

 

そこへ滑和也選手登場!

 

実は、この応援テントと第2中継所は近いんです

 

滑和也選手、走る1時間前でも応援してくださる方への配慮を忘れません

 

たとえ1分でも3分でも、ご挨拶に来てくれると嬉しいですよね。
応援してくれる人への感謝の気持ちを忘れない滑ちゃん。

 

本当に、ありがとう

 

第2中継所の様子

 

長閑な風景が広がります

 

滑和也選手と舞さん

 

ウォームアップの様子

 

かなりリラックスしているようでした

 

集中した表情

 

逞しくなりましたね

 

それでは、行ってきます!

滑和也の最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG