洞爺湖マラソン2015 写真集VOL.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月17日(日)
写真:菊地真司(作.AC北海道マネージャー)
青々とした洞爺湖、遠くに見えるのは羊蹄山


洞爺湖マラソンにご出場されたみなさま、お疲れ様でした。
北海道のランナーの多くは、この日のために練習を積んできたことと思います。
特に男子は、上位21名が2時間40分を切るというレベルの高さです。
そのうち北海道ランナーは11名ですから、いかにこの大会に懸けていたかがわかります。
記録の出やすい大会でなら、いくらでもチャンスはあるでしょうが、
今年の洞爺湖マラソンはスタート前には、まさかの雨、強風、低温。
スタート後も晴れたり、曇ったり、無風だったり、強風だったりで。
往きは追い風、帰りは横風が強かったですよね。
決して好条件ではなかったので、今回の洞爺湖の記録は価値があると思います。
小学生2㎞スタート時(午前8時30分)は小雨まじりでした


TONDEN.RCの選手も数多く出場していました


フルマラソンは9時30分スタート。
作.AC旭川の長野慎也


作.AC北海道の藤澤舞


作.AC北海道の阿部雅司、林崎洋太、高田歩


作.AC北海道の佐々木寛


作.AC札幌の島崎昌敏


作.AC札幌の金子祐介


20㎞過ぎ、トップがやっってきました


斉藤太一さん(アシックスRC)


大きなストライドでしなやかな走りでした~


その後はしばらく誰もやって来ませんでした


優勝の斉藤太一さんのタイムは2時間23分33秒、2位のタイムとは9分53秒あります。
約2.5㎞の距離ですから、力の差がありますね。
ようやく2位集団がやってきました


4位集団


8位集団


10位集団


この大きな集団が、結果的により多くの2時間40分切りを出せたのだと思います


ペース走感覚で、20㎞地点でもみなさん、余裕ありそうですよね


具合良くなさそうなノムさん


茂樹


チームメンバーのひろし、りんちゃん


フレングRCの須藤さん


このグループも、まだまだ余裕ありそうですね


同じチームの藤澤舞さんと一緒に走りました


積極的に前に出る前半は女子2位で通過した杉山さん


どんな状態でも安定した走りをするSRC904の安藤さん


SRC904の佐藤さん、ここからの追い込みは凄いものがありました


直太朗がやってきました!


ちょうどサブスリーを目指すペースです


祐介


ハノハノ陸上部の福田さんも安定した走りです


ちんすこうさん、いつも応援ありがとうございます


ハノハノ陸上部の斉藤翔さん


ちばりよ~RCの栗山るり子さん


ちばりよ~RCの選手が目立ちますね!


3時間10分切りを目指すペースです


うまく1㎞あたり4分30秒で行ってますね


1㎞4分35秒のくんちゃん


1㎞4分50秒の熊本さん


ゆっこも頑張ってます!


1㎞6分で押すマイさん

Print Friendly, PDF & Email