日本最北端わっかない平和マラソン2018

2018年9月2日(日)

第1回日本最北端わっかない平和マラソン

スタート:日本最北端の地・宗谷岬

ゴール:稚内港北防波堤ドーム

 

作.AC北海道、作.AC札幌、北海学園大学陸上部長距離ブロックメンバーが、日本最北端わっかない平和マラソンのペースランナーを務めさせて頂きました。

 

1971年に建立された、あけぼの像をバックに

 

遠くに見えるのが日本最北端の地碑

 

北海道の地図作成に多大な貢献をされた、間宮林蔵像の前で

 

1902年に建設され、稚内市の有形文化財にも指定されている旧海軍望楼

 

ゴール地点の稚内港北防波堤ドームにて

皆様こんにちは、作田です。

9月2日(日)、日本最北端わっかない平和マラソンが開催されました。

栄えある第一回には、招待選手として川内優輝選手、赤羽有紀子さん、そして、SUBARU陸上部の奥谷亘監督はじめ、塩谷桂大選手、そして口町亮選手が大会に華を添えました。

作.AC北海道、札幌、そして北海学園大学陸上部メンバーは、フルマラソン3時間切りから、制限時間の5時間30分以内を目指す選手の皆様をサポートする、ペースランナーとして大会に参加させて頂きました。

前日のオープニングセレモニーから出席させて頂き、しかもチーム紹介までして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

川内優輝さん、赤羽有紀子さん、そしてSUBARU陸上部で活躍中の塩谷選手、口町選手

 

紹介して頂き、嬉しかったです

 

交換会では、気さくに写真撮影に応じてくださり、感謝しています

 

2005年世界陸上男子マラソン日本代表の奥谷亘監督率いる、SUBARU陸上部の皆様

 

2006年の福岡国際で2時間08分49秒、日本を代表するマラソンランナー奥谷亘さんと握手でき感激しました!!

稚内市の皆様の、この大会に懸ける意気込みが、交換会にご参加された多くの皆様の心に、強く伝わったことと思います。

寒かろうが、強風になろうが、記録も期待できないであろうが、きっと、多くの皆様が感動する大会になると感じた前日開会式でした。

今回は、

3時間以内→作田徹、澤井玄

3時間30分以内→阿部雅行、牧野祐季

4時間以内→佐々木寛、島谷樹

4時間30分以内→伊藤雅樹、田中亮太、平田裕介

5時間以内→太田尚子、馬場美帆

5時間15分~5時間30分→菊地真司、川口大聖

のグループで走らせて頂きました。

写真は作.AC札幌の伊藤雅樹さん、そして、ゴール付近は私が撮りました。

すこしブレていますがご了承ください。

それでは、第1回日本最北端わっかない平和マラソンの様子を写真にてどうぞ。

 

スタート地点が遠くに見えます

 

日本最北端の地碑で記念写真を撮る選手

 

宗谷岬

 

宗谷バス

 

スタート前の様子

 

スタート前はなんと!!向かい風11M!!

 

一度は憧れる白バイ先導車

 

約970名がご参加されています

 

スタートしました!!

 

京谷さんは撮影しながら走っていました

 

スタートから強風でしたね

 

1km地点

 

3km地点

 

遠くに利尻富士

 

6km付近

 

 

 

9km手前あたり

 

15km付近、海を眺めながら走ることができますが、風が強すぎて見る余裕はないです

 

唯一、16km~26kmの山道が穏やかで、ラップを上げることができます

 

気持ち良かったですね

 

18km付近

 

景色は最高です!!

 

3時間30分以内のグループ

 

20km手前の給水ポイント

 

4時間切りを目指すグループ

 

折り返し点

 

5時間15分のしんマネ、大聖

 

24km付近

 

おしゃれな救護車

 

25km付近

 

30km手前にはSAVASピットインがたくさん!!

 

32km地点

 

 

 

僕の名前は田中亮太!!宜しくね!!

 

裕介、ちょっと立ち止まって

 

ブログ用に

 

最近、演歌歌手の紅晴美さんがお気に入りなので、この写真に癒されます

 

相手に伝わる笑顔ですね

 

風はキツいけど、みなさん暖かいから頑張れます

 

伊藤雅樹さんが1kmごとに写真を撮っていたことに、涙が出そうになりました

 

チャーミングですね

 

北海道赤肉メロンが!

 

一番左の女性、ファンキーで最高にカッコいい!!

 

私はゴール付近で写真を撮りました

 

サロマ湖も完走されたのですね

 

手を振って頂き、ありがとうございます!!

 

グアムではお世話になりました!!

 

3時間30分以内のペースランナー、雅行と祐季

 

先にゴールした、澤井玄も応援しています

 

 

 

作.RUN、頑張れー!!

 

自己ベストおめでとうございます!!

 

女子優勝の遠藤摩耶さんと

 

優勝のSUBARU陸上部、塩谷桂大選手と祐季

 

ビール飲み隊さん、頑張って!!

 

いつも色々な大会で頑張っていますね!!

 

作.RUN、頑張れー!!

 

4時間30分のペースランナーが戻ってきました!!

 

後ろをサポートする裕介

 

中標津十二楽走、頑張れー!!

 

5時間以内の太田尚子さん、馬場美帆さん

 

イケメン過ぎますね

 

元康さん、ご参加ありがとうございます!!

 

ゴール前も爽やかに走ります

 

宮坂さん、さすがのゴールおめでとうございます!!

 

手を振って頂き、嬉しかったです

 

 

 

野幌森林公園を走る会、これからも応援しています!!

 

そして、菊地マネージャーの登場です

 

最後は野幌森林公園を走る会の女性と一緒にゴールしたかったようです

 

やはり、制限時間前が一番感動します

 

さすがのしんマネ

 

5時間30分の最終ランナーまで白テープを持って迎える姿に感動しました

 

一緒に走られた素敵な女性と

 

マサシナイトランクラブの先生と尚子さん

 

播本先生、お疲れ様でした!!

 

そして最後、5時間30分ギリギリでゴールした皆さん

 

大聖、お疲れ様でした

 

最後にゴールした片岡さんとは久しぶりにお会いし、感動しました!!

 

ゴール後の様子

 

楽しい出店がいっぱい

 

食べたかったなぁ~!!

 

大会終了後、チームメンバーと

 

 

 

帰り際、稚内の海をバックに

第1回日本最北端わっかない平和マラソンにご参加の皆様、お疲れ様でした。

そして、関係者の皆様、応援された皆様、素晴らしい大会でした。

確かに、あの強風では記録を出すことは難しいでしょう。

ですがそれは、主催者側もわかってのこと。

ランナー目線で、楽に記録を出させてあげたいのは主催者の誰もが願うところです。

5年、6年の構想期間があったとお聞きしています。

そのなかで、どうしても稚内の地の誇りである宗谷岬を、そして、稚内北防波堤ドームをスタートゴールにしたかったのではないでしょうか。

平和マラソンの名にふさわしい、素晴らしい大会だったと思います。

できれば来年も、ペースランナーとして走らせてもらえたら嬉しいです。

 

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG