CATEGORY

作.AC北海道

  • 2020年4月1日

島谷樹

中学時代は400mの選手として、高校時代は800mの選手として活躍した。 北海学園大学に進学後は長距離選手として5000m、10000m、ハーフマラソンに出場するなど、短い距離から長い距離まで経験豊富である。 また、オホーツク網走マラソン、日本最北端 […]

  • 2020年4月1日

田中亮太

中学から陸上を始め、高校時代は800mの選手として数多くの大会に出場した。 しかし、慢性的な貧血に悩まされ、思うような結果は残せなかった。 2016年、北海学園大学に進学後は5000m、10000m、ハーフマラソンで活躍、貧血も克服し5000Mでは大 […]

  • 2020年4月1日

牧野祐季

  小学校時代、地元の駅伝大会に出場した事がきっかけで、中学入学時より本格的に陸上競技に取り組むようになる。 高校時代は怪我等に悩まされたが、2016年に北海学園大学に進学して以降、着実に力をつけ大学4年時には福岡国際マラソンにも出場した。 […]

  • 2020年4月1日

川口大聖

2010年、中学入学時より陸上部に所属し、長距離走に取り組む。 2016年、北海学園大学に進学。 監督の作田徹の下、競技に励みながら、作.AC真駒内マラソン他、多くのランニングイベントにて運営に携わる。 4年次にはフルマラソンへ挑戦。 2020年度よ […]

  • 2020年4月1日

山中一輝

自己ベスト 5000m 15分44秒02(2017年12月) 10000m 32分58秒49(2019年3月) ハーフマラソン 1時間12分36秒(2019年3月) 主な記録 2017年10月 学連記録会第3戦 10000m 33分42秒59 201 […]

  • 2019年12月15日

澤井玄

5歳から走り始め、小学校時代はちびっ子健康マラソン旭川大会3連覇、中学時代は全道中学3000Mで4位に入賞するなど活躍した。 高校入学後も順調に記録を伸ばし、高校1年の日体大記録会5000Mでは14分57秒79の自己べストをマークした。 しかし、期待 […]

  • 2019年12月12日

金内健治

  自己ベスト 800M 1分56秒87 北日本インカレ(2013年6月) 1500M 4分00秒84 道央選手権(2015年9月) 3000M   8分52秒21 札幌記録会(2019年5月) 5000M 15分13秒54 学連記録会第2 […]

  • 2019年7月30日

磯松紀広

自己ベスト 5000M 15分52秒46 国士舘大学記録会(2019年) ハーフマラソン 1時間10分22秒 深谷ハーフマラソン(2019年) フルマラソン 2時間29分36秒 勝田全国マラソン(2019年) 主な成績 ハーフマラソン 2015年10 […]

  • 2019年6月7日

滑和也

  プロフィール 2009年4月に作.AC北海道に入部し、2011年4月にSUBARU陸上部ヘ移籍した。 現在はSUBARU陸上競技部コーチとして活躍している。 作.AC北海道時代の主な記録 2009年06月 ホクレンディスタンスチャレンジ […]

  • 2019年4月6日

作田徹

プロフィール 北海道出身 アシックスジャパン(株)勤務 札幌医科大学訪問研究員・医学修士 北海学園大学陸上部監督 日本スポーツ協会公認指導員 ランニング学会会員 名寄市観光大使 1993年~1997年丸井今井女子陸上部コーチ兼マネージャーを務め、実業 […]

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG