2019.6.1 作.AC北海道ホームページをリニューアルしました。

磯松が勝田マラソンで2時間30分切り

2018年1月28日(日)

第66回勝田全国マラソン
フルマラソン
2時間29分54秒

5km毎LAP

17分27秒-17分29秒-17分27秒-17分27秒-
17分40秒-17分47秒-17分55秒-18分18秒-
(ラスト2.195km)8分24秒

 

 

ようやく2時間30分を切った作.AC北海道の磯松紀広選手とチームメンバーの阿部雅行選手

 

昨年12月。
無難に走っても2時間30分は切れるだろうと自信を持って挑んだ、
「福岡国際マラソン」
しかし、35km地点でまさかの途中棄権。

18km地点では余裕があったものの

 

29km付近ではすでに足が止まっていました

 

途中棄権ということは、収容車に乗るということ。

なんとも惨めで、情け容赦ない瞬間です。
僕も、2001年の東京国際マラソンで経験したことがありますが、
その時はもう、頭が真っ白になり、何が起こっているのかわからないほどです。
悔しいやら、恥ずかしいやら、落ち込んでいた時、
誰もいないゴールでずっと待っていてくれたのが、片山純さんと、志保さんでした。
あの時のことは今も忘れません。

 

 

雅行もふらふらで

 

何とかゴール

 

しかし、磯松は現れず・・・

 

心の中はわかりません

 

マネージャーが雰囲気を作るも

 

 

表情は沈んだまま

 

でも話せる仲間がいるから

 

翌日も尾を引いていましたが

 

元気になりました

 

そんな想いから挑んだ、勝田マラソン。
気温は3度、気象条件としてはあまり良くはありません。
しかし、昨年も勝田で自己ベストを更新しており、比較的分がいい大会。
練習のようなリラックスした雰囲気の中、行けるところまで行ってという思いはあったようです。
ラストで嘔吐したとのことですが何とか持ち直し、僅か6秒ですが2時間30分切りを達成しました。

昨年の福岡前に、

「自分が頑張ることで、作.AC北海道メンバーが頑張ってくれたら」

「だから意地でも2時間30分を切りたいんです」

と話していました。
それが達成出来なかった時の悔しさと言ったら。
なので、今回はどうしてもその雪辱を果たしたかったのでしょう。
磯松の執念が、運をも味方にしたのだと思います。

ミッチー、本当におめでとう!!

心から嬉しく思います。

 

 

作.AC北海道の阿部雅行選手も磯松と一緒に出場。
2時間37分57秒でした。

 

 

 

勝田マラソンの最新記事8件

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG