2019.6.1 作.AC北海道ホームページをリニューアルしました。

松田洋さんがアスレティックトレーナーに

マツヒロおめでとう!

松田洋さんが、2年間の勉強を経て日本体育協会公認の、
「アスレティックトレーナー」
試験に合格しました!
日本陸連推薦という名誉を頂いたのが2年前。
それまで、走ることに全力を注いできたマツヒロが一転、
「マラソンからしばらく遠ざかります」
という強い決心のもと、勉強に打ち込みました。
もちろん、北斗まつだ鍼灸院での功績、そして、
本州からの実業団チーム、
また、陸上中高生への献身的なケアとアドバイスが評価されてのことだと思います。
走ることを生きがいとしてきたマツヒロにとっては、よほどの出来事だったと思います。
松田洋さんと言えば、2001年の北海道マラソンから招待選手として連続出場し、
そのうち7回、北海道トップでゴールしました。
自己ベストは1999年の福岡国際マラソンで2時間23分38秒。
以後、13年にわたり2時間30分以内を20回以上クリアしてきました。
忘れもしません。
2007年5月某日。
突然電話で、
「奥尻島の松田洋です、僕を作.ACに入れてもらうことはできないでしょうか?」
と言ってきたのです。
僕にとっても、当時の松田さんは憧れの存在で、尊敬するランナーの一人でした。
だからその言葉がとても嬉しかったのです。
市民ランナーでも、ある程度のエリートになると、プライドもあり、
逆にライバル視することも多い中、
松田さんの純粋な言葉に、
「作.ACを立派なチームにしなければ」
と誓ったのです。
ちょっと、オーバーですかね(^^ゞ
途中、苫小牧で、マツヒロへのお土産を持って尚子さんが待ち構えていました

大沼公園着

ホームの感じ

外観

茶色い鳥ってすずめかな?

レンタサイクルもありました

大沼公園で昼食をと、ちょうど良い休憩所があったのですが、
ぎぇー!クマ!

右もクマ!

落ち着かないので、出てきました。
大沼公園を散策しました

こだわりの写真を撮ろうと回りましたよ

でもなんか芸がない

展望台にのぼったけど微妙

線路から

JRで乗り換え渡島大野まで

車窓から

お出迎えが嬉しかった!

渡島大野駅の看板

2年後には新幹線が通るのですよ~

マツヒロの横にはもちろんマロの姿がありました

法亀寺(ほうきじ)のしだれ桜

マツヒロ宅に着き、マロと遊びました~

マツヒロは、マロと出会ってすごく丸くなったと思います。
真面目で、厳格で、端的で、妥協を許さない、
それがマツヒロだったのですが、
マロが家族の一員になってからは、ちょっとゆるきゃら?(笑)
になったような(^^ゞ
僕も、マロといると和むんです。
実はマツマロ、
2年前、函館市内の浜辺を一匹でさまよっていたところを保護され、
その後、函館市の犬抑留所で過ごすも、飼い主現れず。
本来保護期限切れで処分されるはずが、性格の良さにて処分期限が延長されたそうです。
この表情見ると、見過ごせませんよね。
そして、函館市内の民間保護団体に一時的に引き取られたものの、
保護団体による里親募集の譲渡会でも引き取り手が決まらなかったそうです。
そして、その情報を入手した松田洋が名乗り出て松田家の一員となったのです。
でも、まさか、あのマツヒロが犬を飼うなんて!
正直、信じられませんでした。
夜はマツヒロ宅で焼き肉だったのですが、

急に燃えてちょっと動揺

夜の桜とマロをお楽しみください







朝のマロと桜をお楽しみください





マロのお気に入り、ムクちゃん

ムクちゃんが来るころにはこんなポーズになります

帰りはさおりさんと、コウ君がお見送りに来てくれました~

さようなら~

マツヒロ、本当におめでとう!
近いうちまた行くからね!!

>LIFE with RUNNING 「作.AC」

LIFE with RUNNING 「作.AC」

 この先もずっと、「走り」を楽しみ、「競技」に熱くなり、多くの「仲間」と共に走り続けられる。そしてランニングを通してこそ経験できるランニングスタイル"LIFE with RUNNING"を大切にするチームとして作.ACは活動を続けていきます。

CTR IMG