伊達ハーフマラソン2019

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月14日(日)

北海学園大学の瀬能拓真選手が優勝!!

 

作.AC北海道の太田尚子さんと

こんにちは、作田です。

4月14日(日)に開催された、第32回伊達ハーフマラソンにおいて、

北海学園大学陸上部の瀬能拓真選手が優勝しました。

タイムは1時間10分24秒。

 

金内健治コーチとスタート前に

拓真の初ハーフは昨年の伊達ハーフマラソンでした。

タイムは1時間13分00秒。

当時は直前までケガで走れず、ここまで走れるとは思いませんでした。

そして今年は1時間10分24秒。

2019年3月に開催された、日本学生ハーフマラソン(東京都立川市)での、1時間09分52秒には及びませんでしたが、

かなり走り込んでの結果ですので、まずまずのタイムと言えます。

5000Mの自己ベストは昨年12月の15分42秒14と、当時の北海学園大学チームメンバーの中でも6番手。

しかし、短い距離では後半粘れない拓真が、長い距離になると淡々とペースを守り、後半ペースアップします。

伊達ハーフマランは今年で32回目となる、歴史ある大会です。

その大会で優勝できたのは嬉しいですね。

本州の大学生の多くは駅伝を意識し、市民マラソンレースなどのロードで脚力を鍛えるのが常なのですが、北海道の大学生は5000M、長くても10000Mのトラックが中心です。

大学生には積極的に市民大会に出場し、大会を盛り上げて、活気付けて欲しいと願っています。

 

 

Print Friendly, PDF & Email