磯松が勝田マラソンで2時間30分切り

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月28日(日)

第66回勝田全国マラソン
フルマラソン
2時間29分54秒

5km毎LAP

17分27秒-17分29秒-17分27秒-17分27秒-
17分40秒-17分47秒-17分55秒-18分18秒-
(ラスト2.195km)8分24秒

 

 

ようやく2時間30分を切った作.AC北海道の磯松紀広選手とチームメンバーの阿部雅行選手

 

昨年12月。
無難に走っても2時間30分は切れるだろうと自信を持って挑んだ、
「福岡国際マラソン」
しかし、35km地点でまさかの途中棄権。

18km地点では余裕があったものの

 

29km付近ではすでに足が止まっていました

 

途中棄権ということは、収容車に乗るということ。

なんとも惨めで、情け容赦ない瞬間です。
僕も、2001年の東京国際マラソンで経験したことがありますが、
その時はもう、頭が真っ白になり、何が起こっているのかわからないほどです。
悔しいやら、恥ずかしいやら、落ち込んでいた時、
誰もいないゴールでずっと待っていてくれたのが、片山純さんと、志保さんでした。
あの時のことは今も忘れません。

 

 

雅行もふらふらで

 

何とかゴール

 

しかし、磯松は現れず・・・

 

心の中はわかりません

 

マネージャーが雰囲気を作るも