慌ただしい年末年始

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月13日(土)

 

真駒内セキスイハイムアリーナにて作.ACと北海学園大学の合同練習会

 

皆様、こんにちは。
毎年のことですが年末年始は、あっという間に感じますね。
「もっと年を重ねたら」
「誰とも交流しなくなったら」
忘年会もなく、新年会も誘われることもないですよね。
その分、もっと自由に余裕を持って1月を過ごせるのではないか、などと考えますが、
それはそれで、寂しい。
色々と良いアイディアが浮かんだとしても、
それを伝える人もいなければ、アドバイスをくれる人もいないのですから。

 

以前、市民マラソン大会で良い結果を出した時のこと。

せっかく満足する結果を出すことができたのに、周りに誰もいない。
自分のことしか考えていなかったもので、友達なんているわけもなく。
知り合いが挨拶程度に声をかけてくれたくらいで。
気持ちの強いときはそれが気にならないもの。
そうでなくなったとき、結果より、過程を称えてくれる人が欲しいものです。
あっという間と感じているときが華。
そう思って頑張ります!!

というわけで(笑)

前置きが長くなりましたが、年末年始の流れを写真とともに振り返ってみたいと思います。

お蔵入りした写真を引っ張り出してみました。

それでは福岡国際マラソンの紀広、雅行、しんマネからどうぞ(笑)

 

福岡国際マラソン18km付近の磯松

雅行

 

かなり苦しいゴール付近

 

哀愁漂います

 

夕食も、どことなく愁いがあります

 

誰もいない朝練が、お似合いです

 

マイナスオーラ全開の写真

 

引きつってますね~

Print Friendly, PDF & Email