テリーフォックスランイン札幌2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月8日(日)
多くの皆様にご参加頂き、感謝しています


北海学園大学陸上部長距離メンバーが大活躍しました


きっとテリーフォックスさんも喜んでいることでしょう


作.AC北海道の菊地真司マネージャー


一輝の屈託のない笑顔に涙が出そうになりました(出ないけど)


まさか来てくださるなんて、本当に嬉しかったです!!


札幌より一足先に京都でも開催されました!!


10月8日(日)昨年に引き続き、幌平橋下河川敷にてテリーフォックスイベントを開催いたしました。
多くのランナーの皆様にご参加頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
ご存じかとは思いますが、テリーフォックスさんは18歳でがんを患い右足を失いながら、
がん治療の研究資金を募るために義足を着け毎日フルマラソンを走り続けたカナダの英雄です。
テリーフォックスの遺志を継いだチャリティーランは世界各国で開催されており、
集まった寄付は全額、カナダ・テリーフォックス財団を通して世界のがん研究機関に寄付されます。
札幌では昨年より在札のカナダ人が主体となって開催されており、
作.AC北海道も活動に参加させていただいております。
札幌を代表する橋の一つ、幌平橋から眺める豊平川


写真はもちろん、保志様


北海学園大学陸上部メンバーが受付のお手伝いを


一輝も


祐季も


菊地真司マネージャーなしでは


影の立役者です


テリーフォックスのために頑張るわ!!


わたしたちも頑張りまーす!!


いづみさん、めぐみちゃん、ありがとう!!


帯広から、パンダの舞い


ナオト、みんなで来てくれてありがとう!


札幌スポーツ館RCメンバー中心に


素敵なフラッグですね