東京マラソン2017の応援

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月26日(日)
東京タワーをバックに磯松、しんちゃん


こんにちは、作田です。
今年に入って、なんだか忙しく日々の活動報告も怠りがちでした。
清水由貴子さんの名曲、
「お元気ですか」
の歌詞に、
「お元気ですね、幸せですね、お返事ないのは、そうなのですね」
とありますが、2月は幸せだったのでしょう。
確かに充実した日々でした。
作詞は阿久悠さんです(1977年)


さて、ここからは東京マラソンのご報告です。
作.AC北海道から阿部雅司さん、太田尚子さん、松田洋さん、
作.AC札幌から高橋朋恵さん、小林優紀子さん、西田訓子さん、その他、
札幌スポーツ館ランニングクラブのメンバーも何名か出場しました。
あまり良い写真がないのが残念ですが、東京マラソンの雰囲気をお楽しみくださいませ。
東京都庁


東京マラソンEXPO


強烈な応援団


なんか言った?


文句ある?


作.AC北海道の松田洋さん


松田さんの自己ベストは1999年の福岡国際マラソンで2時間23分38秒。
それ以降も2011年まで20本以上のレースで2時間30分を切り続けました。
しかし、若くから追い込んで、苦しんで、体を酷使して走り続けていると、
同じ40代、50代でも、他のランナーと比較すると、ダメージの現れが早いですね。
悲しいですが、仕方ありません。
かといって、若いころあまり頑張らないで、
40代、50代になって頑張り始め、上位に入ったとしても、10代、20代の選手と一緒に走れるわけでもなく・・・
なので、これでよかったのだと思うしかありません。
順番ですから。
その結果に一喜一憂するよりも、まだ走れているという喜びを大切にしてね。
ケガのない、ギリギリのところで、細く長く走り続けてくれることを願っています。
そしてやってきました


洞爺湖マラソン優勝9回、日刊スポーツ豊平川マラソン女子総合優勝11回、
千歳JAL国際マラソン優勝4回、札幌マラソン女子総合優勝2回、
フルマラソン自己ベストは2時間48分52秒(2008名古屋国際女子マラソン)の実績を誇る、太田尚子さん。
松田洋さん同様、20代、30代、40代前半までの長きに渡り、北海道を代表する市民ランナーでした。
しかし、その後の落ちこぼれっぷりは、哀れで、無様で、見ていられませんでした。
僕の場合、かわいそうを通り越して、怒りに変わっていましたが(笑)
走ることが大好きだから走ってきたのだろうけど、
あまりに悲惨。
ですが、彼女には強烈なサポーターがいました。
オリンピック金メダリストの阿部雅司さんです。
阿部さんは実は、尚子さんの大ファン。
誰より、ここ数年の尚子さんの情けないレース結果を残念に思っていたことでしょう。
ゴールタイムを見ていただければわかるかと思いますが、
二人一緒のタイム、3時間02分18秒でした。
後半も比較的緩いコースで、記録も出しやすい東京マラソンでのタイムだから、
あまり参考にはなりませんが、久しぶりに最後まで頑張った大会だったのではないでしょうか。
まあ、この結果でその気にならず、もう一度、3時間を切り、
有終の美を飾って欲しいと願っています。
本当の友は、良くないことも指摘する。
そうでないものは、良いことしか言わない。
阿部さんに感謝してね、尚ちゃん。
今の北海道の女王、高浜香澄さん


そして、光岡美貴さん


作.AC札幌の高橋朋恵


同じく、西田訓子


ロッテンマイヤーさん


ミチコ


百合子


楽しそうですね~


後半戦


最後まで諦めないようにね


マイさん


大阪国際、青梅マラソン、そして東京マラソン走って


朋恵もタフになりましたね


くんちゃん初の3時間10分切り


今や全国区のちんすこうさん


俺も走りたいなあ


そしてやってきました、ミチコ


写真栄えするねえ~


ユリコ、ゴールで待ってるよ


ミッチー頑張れだって


応援も楽しかったそうですよ~


ゴール後、シゲルさんと


作.AC札幌女子メンバーで打ち上げを行ったそうです


翌日、ユリコは言問橋へ


倍率は10倍以上ですし、人人人で具合が悪くなりそうですが、
やはり一度は出てみたいのが東京マラソンですね。
当選されて走られた方、そして準エリート枠で出場したランナーの皆様。
本当にお疲れ様でした!