SUBARU滑和也選手が、びわ湖毎日マラソンに出場。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月5日(日)
第72回びわ湖毎日マラソン大会
日本陸連公認びわ湖毎日マラソンコース

 

SUBARU陸上部の滑和也選手が出場しました

 

SUBARU陸上競技部ホームページはこちら

SUBARU陸上競技部

滑和也プロフィールはこちら
滑和也

 

SUBARU陸上競技部から4選手が出場されたようです

 

序盤戦の様子

 

滑和也選手(2時間15分45秒/20位)

 

牧良輔選手(2時間18分44秒/33位)

 

山崎敦史選手(2時間23分17秒/58位)

 

渡邊公志選手(2時間27分51秒/91位)

 

テレビではまずまずのコンディションに思えたのですが、
15kmから20kmでは出場選手の全員が(5km17分台の選手1名を除く)ラップを落としており、
冷たい風がいかに過酷だったかが伺えます。
さらに前半のハーフと後半のハーフで後半のハーフの方が(タイムが)良かったのは、完走者183名中、
26位のオーストラリアの選手(前半1時間08分53秒-後半1時間07分15秒)、27位のアイルランドの選手(前半1時間08分53秒-後半1時間07分41秒)のみ。

後半順位を上げた、SUBARU陸上部の滑和也選手でも、前半1時間05分14秒-後半1時間10分31秒(2時間15分45秒)
上位陣では大﨑翔也選手(中電工)が順位こそ8位ですし、最初からトップを狙った走りではなかったようですが、
その日のコンディションに応じたレース展開で、素晴らしいラップではないかと考えます。

大﨑翔也選手
15分01秒-15分38秒-15分39秒-15分47秒-15分28秒-15分44秒-15分59秒-15分59秒-6分52秒
前半1時間05分32秒-後半1時間06分35秒
2時間12分07秒
ラスト2.195㎞が見事ですね。

SUBARU陸上競技部の奥谷亘監督のコメントで、

「レース後半は冷たい風が吹き、見ている以上に過酷だったようですが、
マラソンはそもそも過酷な競技で、だからこそ地道な努力や我慢で結果が変わってくるのだと思います。」

日々の努力に敵うものはないと、改めて感じた次第です。
滑和也選手にとっては本当に、苦しい1年だったと察します。
でも、今期の最後で、次につながる結果が出てよかったね。