磯松の勝田マラソンと大阪国際女子マラソン

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年2月1日(月)
作.AC北海道の磯松紀広が勝田マラソンに出場しました


みなさんこんにちは、作田です。
お元気でしたか?
年末から、あっという間に一か月以上経ってしまった感じです。
常に気持ちを安定させることって難しいですよね。
いつもいつも楽しいときばかりじゃないし、
長い人生、時には前に進めず、立ち止まることもありますが、
でも、何かあった方が、何もないより気持ちにも張りが出ますね!
今までが恵まれ過ぎてきたと思えば、
喜んで通ることができます。
ここ一か月は、
年末は仲良しの高田由基と一緒に走ったり、


茂樹とガクの記念写真を撮ったり、


お父さん、もういいよね?ポーズとるの


SAMにも行きました!


朋恵コーチとNHK新さっぽろ教室メンバーと忘年会をしたり、


清水由貴子さんの希少ポスターをオークションで落札したり、


年が明けてからは、
作.AC旭川メンバーとつどーむで練習したり、


帰省中の磯松と一緒に練習したり、


一緒に焼肉食べに行ったり、


マルヤマクラスまで真知子が差し入れ


めぐみちゃんも差し入れありがとう


1月17日(日)のアシックス作.ACランニング講習会の写真、


携帯で撮りました


明治ランランエイコの熱血講義


真駒内公園まで20km、気持ち良いペースでしたね


智也さん、お忙しい中きてくれてありがとう!一日も早い復活を願っています


いつもご参加いただき感謝しています


さて、昨日は、大阪国際女子マラソンの日でしたね。
WACOLの福士加代子選手、強かったです。
前半から果敢に攻め、24km以降は独走。
終始ペースを維持し、最後も粘り、タイムは2時間22分17秒。
ゴール後、すぐに後ろを振り返り、再度タイムを確認。
ゴール手前40Mの電光掲示板でリオの切符2時間22分30秒をクリア出来ることはわかっていたのでしょうが、
それでも不安だったのでしょうね。
今までの辛かった練習のことを語るでもなく、あっさりと、笑顔で応える福士選手がカッコ良かったです。
また、テレビには映りませんでしたが、増田明美さんのコメントにもグッとくるものがありました。
優勝 福士加代子(ワコール) 2時間22分17秒
2位 堀江美里(ノーリツ) 2時間28分20秒
3位 竹中理沙(資生堂) 2時間29分14秒
4位 ディアナ・ロバチェブスケ(リトアニア) 2時間30分09秒
5位 重友梨佐(天満屋) 2時間30分40秒
6位 加藤岬(九電工) 2時間31分04秒
7位 東本彩(十八銀行) 2時間31分28秒
8位 宮内宏子(ホクレン) 2時間32分40秒
9位 中村仁美(パナソニック) 2時間33分23秒
10位 竹本 由佳(キヤノン) 2時間33分29秒
また、北海道からも多くの選手がこの大阪国際女子マラソンに出場しました。
参加標準記録は2年以内にフルマラソン3時間13分00秒以内もしくは、ハーフマラソン1時間30分00秒以内の公認記録を突破した選手です。
14名が完走しました。
【北海道内の結果】
27位 佐藤香澄(SRC904)2時間48分31秒
38位 藤澤舞(作.AC北海道)2時間53分49秒
101位 山崎明美(札幌陸協)3時間02分41秒
102位 安藤麗美(SRC904)3時間02分46秒
103位 山本舞(RISE・RC)3時間02分46秒
145位 光岡美貴(札幌陸協)3時間05分36秒
166位 髙橋朋恵(作.AC札幌)3時間07分03秒
188位 池田亜希子(北海道マラソンクラブ)3時間08分24秒
191位 香川麻美(旭川走友会)3時間08分29秒
221位 栗山るり子(ちばりよ~RC)3時間09分39秒
249位 浅野理恵(ホクレン)3時間10分42秒
252位 近藤まや(ちばりよ~RC)3時間10分45秒
307位 高橋理恵(SRC904)3時間13分20秒
409位 西田訓子(作.AC札幌)3時間20分48秒
27位に入った佐藤香澄さん、なんとラストの2.195kmは8分21秒で全体の7位の記録です。
素晴らしい切り替えとスピード力だと思います。
さて、ここからは勝田全国マラソンです。
勝田マラソンは、歴史ある大会で、僕も出場したことがありますし、
作.AC北海道の藤井翔太、長塚暢稔も何度か参戦しています。
今年は、磯松紀広がチャレンジしました。
 
磯松紀広
18分24秒-18分05秒-18分14秒-18分27秒-
18分03秒-18分09秒-18分22秒-18分22秒-8分03秒
ゴールタイム 2時間34分09秒
ハーフ前半 1時間17分11秒
ハーフ後半 1時間16分58秒
練習会のような、かなりリラックスしたペース配分ですね。
練習の感じでは2時間31分~32分で押せる実力はあると思うのですが、
おそらく、レース当日の集中力のピークが微妙にズレてしまったのでしょう。
気持ちをその日に持っていくのって難しいですよね。
練習にしてはまずまずのタイムだと思います。
隣りにいる板垣さんは2時間36分台の自己ベストです!


板垣さんは2014年の作.AC真駒内マラソンにもお申込みくださり、
マラソン練習に力を入れているそうです。
僕らはつどーむで30000mを緩めに走りました


雪まつり前、最後のつどーむナイトラン


阿部雅司さんは先週土曜日、千歳レラにてイベントにゲスト出演


おとぼけな茂樹がいい感じです


それでは、今週も頑張りましょうね!

Print Friendly, PDF & Email
2016年2月1日 | カテゴリー : 作田徹 | 投稿者 : sakuac