がんと闘い陸上競技

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年3月29日(日)北海道新聞空知版より


私の中学時代の陸上部の指導者でもあった島田文雄先生が、
3月26日(木)お亡くなりになりました。
栗山中学陸上部同期で、現在は帯広農業高校の顧問を務める西山修一さん、
後輩の札幌静修高校女子駅伝部監督の吉田茂さん、
そして、札幌創成高校陸上部監督で数多くの実績を誇る樋山良司先輩など、
島田先生は道内で活躍する、数多くの指導者を育てあげました。
2010年8月、樋山先輩、島田先生、梅津先輩、西山修一さん、作田


毎日発行された陸上クラブ報


僕らにとって、島田先生の指導を受けたことが誇りであり、
胸を張って言える、自慢の先生なのです。
大変名誉なことに、私が、尊敬する島田文雄先生の弔辞を務めさせて頂きました。
【弔辞】
島田文雄先生
まさか、自分がこの場所に立てるなんて。
この上ない喜びでいっぱいです。
歌手でいったら紅白歌合戦に出場するくらい名誉なことなんでしょうね、きっと。
でも、紅白歌合戦は、毎年チャンスはあるけど、
先生のこの場は一度きりしかありません。
今、この場所のどこかで、たぶん、見えないけど、いるんでしょうね。
先生に先に言っておきますけど僕は、
「もっと一緒に」とか、「惜しい人を」とか、言いたくないです。
先生もそんな言葉聞きたくないでしょ(笑)
また、先生と言えば、
「継続は力なり」
でしょうが、ここではそんな、いかにも使いそうな言葉もいいません。
もしかしたら、途中で涙するかもしれませんが、それは悲しいからじゃないので。
先生は人生を全うしたし、悔いはないでしょう。
最期まで、大好きな走ることを続けさせてくれたゆう子さんもいたし、先生は幸せものですよ。
栗山陸上競技場




先生と出会ったのは僕が12歳の時です。
僕の家は貧しく、正直、栗山町でのそれまでの12年間はあまりいい思い出はありませんでした。
貧しさに負けたのか、世間に負けたのか(笑)
その頃の僕は12歳にもかかわらず、ジメーッとしており、表情も暗く、心も荒んでいました。
ですが、中学に入り、陸上部に入って、そんな性格が一変しました。
というか、島田先生の強さに圧倒されたのです。
内にこもっていたものが一気に爆発し、毎日毎日走るために起きて寝るという生活に変わりました。
先生は知らなかったかもしれませんが、
陸上競技場でアップをしているとき、あの、先生のバイクの音が聞こえたら、
「来た来た、島先来た~!」
一瞬、大騒動になるんですよ。
そして、その後、
「シーン」
となるんです。
さらに、
「ガラガラガラ~ッ!」
と物置のシャッターを開ける音が聞こえたら、
「ああ、今日はタイム取る日だ」
と、辺りが一気に緊張感に包まれるのです。
僕が中学2年の頃、南空知中体連でバトンを落とし、ハードルで転び、
みんなに迷惑をかけた時、先生に、
「お前、本当に疫病神だな」
と言われたのを覚えています。
当時の僕は気が小さく、すぐ緊張して、大会2週間前から吐き気がするくらいだったんですよ。
でも、さんざん、怒鳴られた後に、
「お前は、短距離でもハードルでもない、本当は長距離なんだ」
と言ってくれたのです。
そして、その言葉が、後に僕がマラソンの指導者に発展するまでに至りました。
中学3年の全空知中学800Mリレーで優勝


全道中学800Mリレーで入賞


中学時代は短距離でした


高校、大学でも短距離、ハードルを続けましたが、結果は伸び悩みました。
気が抜け、力も入らなかったし、何より、燃える気持ちが起こらなかった。
その時、先生の言葉を思い出したんですよ。
「お前は、短距離向きじゃない、長距離なんだ」
その言葉が励みだったんです。
「お前は放っておいたら、どこまでも走り続けるからな」
そして、あまり好きではなかった長距離にチャレンジしたところ、先生の言った通りになりました。
長距離の実業団チームに所属し、100㎞では日本代表にもなり、今では市民ランナーを指導をしている。
言うまでもなく、その原点は島田先生なのです。
いまだかつて、こんなに走ることが好きな人を見たことがありません。
いつだったか先生が、
「昔さ、真夜中に走っていたら警察に不審尋問されてさ」
と、僕に話してくれたことがありましたが、その時は、
「そんな人いるんだ」
と笑ってしまいましたが、数年後、僕も同じ目に遭いました。
2008年頃、吉田茂さん、島田先生、作田


2009年7月頃


2010年、栗山陸上競技場にて


純を連れて札幌から栗山へ


JR栗山駅で


2013年4月頃


晩年は、あれだけ鋭かった先生が、少しずつ衰えているのがわかりました。
と同時に、無理をしているのがわかりました。
でも、みんな来てくれて嬉しくて元気でいてくれたんでしょ。
僕は、先生が輝いている時から知っていました。
そして、先生と会うたびに、
「老い」
についていろいろ考えはじめました。
僕は先生の、定年後の寛ぎの人生をみんなに見て、知って欲しかったです。
鳥でいうと国の天然記念物にも指定されている大鷲のような存在だった先生が、
僕の方を見て、ニコッとした笑顔で、小学生の可愛い女の子と一緒に、
楽しく走っていたのですから。
あの時は本当に驚きましたよ。
「夢美(めい)ちゃんって言うんだよ、作田君からも色々アドバイスしてあげてね」
と、息を弾ませて言うものだから。
島田先生と夢美ちゃん


「死んでしまったら、今まで築き上げてきたことが帳消しになる」
そう思って悲しくなったけど。
そうじゃないですよね。
人間には順番があるから、僕もいつかは先生と同じになるでしょう。
成長するとき、輝くとき、悟るとき、退くとき、寛ぐとき。
一緒の時間を過ごせて幸せでした。
2013年7月27日 北海道新聞より


どんなことがあっても諦めなかったのは、先生を信じていたからです。
先生と出会わなかったら、そしてあの3年間がなかったら、
こんなに走ることに執着していませんでした。
たぶん、見えないだけで、いざと言うとき僕を助けてくれるでしょう。
でもそれは当然のことです。
僕は、あの3年間で、島田先生に作られたのですから。
僕の言葉、僕の行動、そして僕のアイディア。
もし、自分のレベル以上の言葉が自然に出てきたり、いつになく走りたくてしょうがなくなったり、
実力以上のいい考えが生まれ、評価された時。
その時は島田先生の力が働いているのだと思うようにします。
おそらく僕の前にはもう二度と現れない、僕にとって不世出の指導者でしょう。
2015年3月15日


栗山町


高橋ダリヤで作ってもらっていました


3月25日


通夜の前に


いつも先生のお見舞いの時に通った道を


走りました


もう、会話を交わすことはできなくなりましたが、先生の言葉は忘れません。
もし、忘れる時がきたならば、それは、僕が感謝の気持ちを忘れた時でしょう。
島田先生、本当に、本当に、ありがとうございました。
いつも、自分のなかにいると思っています。
平成27年3月29日
作田徹

Print Friendly, PDF & Email
2015年3月29日 | カテゴリー : 島田文雄 | 投稿者 : sakuac