日刊スポーツ豊平川マラソン2015

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月5日(子供の日)
ゲストランナーは川内優輝さん


こんにちは!今年も日刊スポーツ豊平川マラソンが開催されますね!
私も一生懸命上位を狙っている頃は、そりゃもう2週間くらい前から緊張して(笑)
ここでの結果が洞爺湖マラソンに繋がりますからね。
洞爺湖マラソンにピークをもって行きたいのなら、
力は出し切らずに9割程度で抑えるのが良いかなと思います。
僕が走っていた頃は、ハーフを走り終え、
同じペースであと4~5㎞は走れる余裕を持つことを心がけていました。
だいたい豊平ハーフで出したタイム×2+6分~8分が洞爺湖でのタイムになっていたと思います。
全力で走ったハーフなら×2+10分~15分前後、サブフォーを狙うランナーなら+15分~20分でしょう。
それくらい、洞爺湖直前の豊平ハーフでは慎重に、1㎞あたり5秒~7秒落として走っていましたね。
今年は日刊豊平と洞爺湖のあいだが12日しかありませんからね。
疲労回復などを考えると、もっと綿密なペース配分が必要になるかと思います。
狙わずに、楽しんで走るのなら、行けるところまで行くのもありですよ!
ご参加の皆様の健闘を祈っています。
作.AC旭川メンバーと


釧路マラソンクラブの皆さんも前日入りで走りました!


ノルディック複合の加藤大平さんもハーフマラソン走ったんですよ~


応援RUNするランナーも多いです


特別協賛にサークルKサンクスさん


サンクスでお申し込みをすると、抽選で10名様にアシックスベンチコート、
さらに抽選で100名様にクオカード500円分が当たります。
また、豊平川マラソンはグアムココハーフマラソンと姉妹提携しており、
毎年、上位入賞者を派遣しているんですよ。
コース図


春の豊平川河川敷はここ数年、往きは下りが追い風、帰りの上りが向かい風と、
豊平川マラソンで自己ベストを狙うにはちょっと厳しいコンディションです。
私は、今年の日刊スポーツ豊平川マラソンでペースメーカーを務めることになりました。
どのペースで行くかはまだ決まっていませんが、
自己ベストを目指すランナーの皆様のサポートを出来れば幸いです。
皆様のご参加を心からお待ちしております。