びわ湖毎日マラソン2015

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月1日(日)
高田由基が無事完走!


2015世界選手権マラソン(北京)日本代表選手選考会も兼ねた、
第70回びわ湖毎日マラソン大会が3月1日(日)、
滋賀県大津市皇子山陸上競技場発着で開催されました。
フルマラソン公認コースで2時間30分以内が参加標準記録ですから、実業団、海外の招待選手、
そしてエリート市民ランナーが中心の大会となります。
北海道からは2009年に作.AC北海道の松田洋さん(59位、2時間28分42秒)以降、
久しく出場者がいませんでしたが、6年ぶりに北極星ACの神直之さん(128位、2時間33分53秒)
が完走しました。
自己ベストは2014東京マラソンの2時間22分56秒ですから、
凄いですよね。
つい10年位前までは東京国際マラソン、びわ湖毎日マラソンが2時間30分以内、
福岡国際マラソンは2時間26分以内でしたから、
当時は2時間30分切りがエリートと言われていました。
僕もそうでしたが、松田洋さん、古田仁さんあたりはつねに2時間30分切りは意識して練習していましたね。
さすがにこの年齢まで続けると痛みのない走りは出来なくなってしまいましたが、
その分、20代、30代、40代前半までの上を目指すランナーには頑張ってもらいたいですね。
現在は、より多くのランナーが参加できるレースが増えたせいか、
2時間40分で福岡国際に出られるのは嬉しいことです。
さて、僕の年の離れた親友の高田由基さんが、
びわ湖毎日マラソンに出場、無事完走しました。
(131位、2時間34分08秒)
自己ベストは東京マラソン2014の2時間28分36秒です。
作.AC北海道のウィンドブレーカーを着てくれて嬉しいです


由基は東京学芸大学時代から100㎞に挑戦し、
昨年も100㎞の日本代表として世界選手権に出場し第5位と健闘しました。
現在は本州在住のため、なかなか一緒に走ることはできませんが、
気持ちだけは作.AC北海道メンバーです(笑)
いつも連絡くれてありがとう。
そして、SUBARU陸上部の五十嵐真悟選手


SUBARU陸上部マネージャーながら日本人8位でゴールしました!!


凄い、凄すぎる!!


本当に尊敬します。
SUBARU陸上部のびわ湖毎日マラソン記事はこちらから
[SUBARU陸上部](http://sports.fhi.co.jp/athletics/game/data/%e7%ac%ac70%e5%9b%9e%e3%81%b3%e3%82%8f%e6%b9%96%e6%af%8e%e6%97%a5%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3/)
[びわ湖毎日マラソン2015上位結果]
優勝 サムエル・ドゥング(ケニア)2時間09分08秒
2位 ダニエル・メウッチ(イタリア)2時間11分10秒
3位 セルオド・バトオチル(NTN)2時間11分18秒
4位 前田和浩(九電工)2時間11分46秒
5位 野口拓也(コニカミノルタ)2:12:29
6位 エリック・ディエマ(ケニア)2:13:28
7位 バズ・ウォルク(エチオピア)2:13:32
8位 米澤類(中国電力)2:14:13
9位 佐々木悟(旭化成)2:14:27
10位 東野賢治(旭化成)2:14:48
11位 黒木文太(安川電機)2:15:18
12位 松尾良一(旭化成)2:15:20
13位 五十嵐真悟(SUBARU)2:15:28
14位 佐藤佑輔(富士通)2:15:30
15位 清谷匠(中国電力)2:15:31
16位 松宮祐行(日立物流)2:15:40
17位 松宮隆行(コニカミノルタ)2:15:41
18位 秋葉啓太(小森コーポレーション)2:16:10
19位 森本卓司(中国電力)2:16:22
20位 石川卓哉(中国電力)2:16:30

2015年3月4日 | カテゴリー : 作田徹 | 投稿者 : sakuac