滑和也応援の旅-レース応援後-

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月1日
伊勢崎中継所で


あ、青江三奈さんの伊勢佐木町ブルースとは漢字が違います。
あちらは神奈川県です。
でもこちらの応援隊のみなさん、なんとなく青江三奈っぽくて好き


雰囲気似てない?


こんな素敵な写真を撮ってくださったんですよ~


昨年以上に、滑和也応援隊が確実に増えています。
滑ちゃんの人柄でしょうね。
みなさん、明るくて、気さくで笑顔。
一生懸命頑張っている人には、一生懸命な人が付くんですね。
その後、滑ちゃんの群馬の父、佐藤さんに群馬県庁まで送迎してもらい、
昨年同様、カレーとケーキをごちそうになりました。
群馬県庁の裏のおしゃれな公園


群馬県庁内では大画面で駅伝の模様が実況中継されています


区間賞には群馬ちゃんがもらえるんですね!


来年は買って帰ります


恒例のゴール地点で記念写真


昨年は心細かったですが、仲間がいると堂々とできます


群馬県庁内のレストランでは日本酒が無料でサービスされていました


ここからは記念写真だらけです(笑)


SUBARU1区で区間3位の阿久津圭司選手


ごめん、滑ちゃんよりファンかも。
取材を受ける滑和也選手


阿久津選手も取材を受けていました


ちょっとお邪魔しました


沿道は人で人でいっぱいでした


続々とやってきます


SUBARUまだかな~


きた!アンカーは山崎敦史選手


ちょっとぼけてしまいました


ゴール付近はこんな感じ


凡人RCの野村茂行さんも応援に来ていました


ゴール後、応援してくださったかたへ御礼のご挨拶がありました


SUBARU陸上部の奥谷亘監督


SUBARU陸上部と関係者のみなさん


奥谷監督さんとお話しすることができ凄く嬉しかったです


阿久津選手、滑選手、藤澤舞さん


SUBARU陸上部マネージャーの五十嵐真悟さんと


市民ランナーからは一番有名かもしれません。
2014大田原マラソンでは2時間16分18秒で優勝しています。
走りもパワフルで、タフでカッコいいんですよ~
帰りは、佐藤さんがJR高崎駅まで送ってくださり、
各駅停車の上野行きに乗りました。
約2時間、長いかと思いましたが、
藤澤舞さんと会話が弾み、あっという間に上野に着きましたよ。
その後、正月休みのため北海道に帰省する滑ちゃんと、
羽田空港で待ち合わせました~
帰りは空港でご飯を食べました


全日空の案内係の女性に写真を撮ってもらいました


また、この女性がいい味出していて(笑)
「あの、すいません、写真撮ってもらっていいですか」
「あ、は、はい、あたしメカに弱いんですけど・・・」
「誰でも撮れるカメラなので大丈夫です」
「あたし、誰でも撮れないんです、あ、まちがった!」
「えーっと、ここを押して・・・」
「ここを覗くんですか」
「あ、いえ液晶の画面をみて・・・」
「ああ、ここですね、まあ、なんてカッコいい二人」
「そうですか?そうでもないですけど・・・」
「あ、よく見るとそうですよね、ちょっと言い過ぎました」
って(笑)
きっと、彼女は人気者なんでしょうね!
また全日空で乗ろうと思いました。
とまあ、駆け足でお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
元日から日本を代表するランナーを目の前で見ることができ、
本当に感動しました。
滑和也選手は区間10位、SUBARU陸上部は15位でした。
自分の身近なランナーがニューイヤー駅伝に出るなんて、
人生の中でも今しかないでしょう。
だから、お金とか、時間とか、そんなの関係なしに、応援に行きたいんですよ。
自分だったら、来てくれたら嬉しい。
それを励みに最高の走りをしようとするから。
調子は今一歩だったのでしょうが、それでも、
期待に応えようと鎧坂選手に必死に食らいつき、
一人抜いてタスキを渡すシーンは本当に感動しました。
北海道を離れて4年、地元の皆さんにも愛され、
今は本当に安心しています。
これからもSUBARU陸上部を応援しようと思いました!
今年も滑和也を宜しくお願い致します。

2015年1月5日 | カテゴリー : 滑和也 | 投稿者 : sakuac