第2回有森裕子なよろひまわりリレーラン VOL.2

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月10日(日)
選手宣誓をする福島県南相馬市の元気な小学生


東日本大震災等で被災された子供達との交流を、
名寄市、そして有森裕子さん自ら積極的に取り組んでいます。
前日の交流会では、チャリティオークションを行い、
その売り上げのすべてを、南相馬市へ寄贈しました。
加藤名寄市長もTシャツを落札しました!


そして、今年も、たくさんの南相馬市の小学生達が、
「有森裕子なよろひまわりリレーラン」
に参加しましたよ!
開会式では作.AC北海道のご紹介もありました!


準備体操を担当させて頂きました


有森さんからご指名を頂き、すごく嬉しかったです
有森裕子さん


緑に囲まれた名寄健康の森陸上競技場


とっても気さくでカッコいい有森さんです


控室では、いつも菊地マネージャーがムードメーカーでみんなを笑わせてくれます


地元のジュニアチーム999ACの皆さん


いよいよスタート!


スターターをもちろん有森裕子さん


スタートしました!


スタート後、有森さんは逆走し、
選手の応援をし、作.AC北海道メンバーは走りながら選手を激励します!
1周2.5kmを4人でつなぐ10kmです


このイベントは、速さを競うのではなく、
ゴールタイムを申告し、そのタイムが一番近いチームが優勝です。

Print Friendly, PDF & Email