つどーむで30000M走

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月23日(日)
つどーむ
30000M
走り終わった後は15分以内にSABASプロテイン摂取ですよ~

こんにちは、作田です。
東京マラソンにご参加の皆様、お疲れ様でした!
今年は好条件でしたね。
大会当日に、うまくピークを持って行けたランナーは、好記録が出たのではないでしょうか。
出場されたランナー仲間からも、自己ベストの報告がありました。
作.AC札幌の伊藤雅樹は2時間47分11秒、金子祐介は3時間08分22秒、
島崎昌敏は2時間58分27秒。
その他、いつもランニングクリニックにご参加頂いている女性ランナーからも、
3時間45分切りの嬉しいメールを頂きました。
おめでとうございます!!
北海道勢のトップは神直之選手で2時間22分56秒。
社会人2年目で勢いありますね!
一人で20000Mのペース走を1時間05分台で行ったり、
苦しいスピード練習に打ち込んだりと、頑張っていましたね。
僕らが若い頃って、ほんと、がむしゃらでした。
古田さんなんか、ほんと、凄かった!
50㎞の翌日に、スピード走したり(笑)
(もちろん、しかっりとした土台があってこそですし、休養も入れてのことですが)
最近は、そんながむしゃらなランナーをあまり見かけませんでしたが・・・
神君には、そんな気持ちの強さを感じました。
作.AC北海道の若いメンバーも、神君とまでは行かないまでも、
少し見習ってほしいなあ~(^^ゞ
あ、独り言だから!
気にしないでね~
おっさんになると、説教じみるんだよね(^^ゞ
作.AC北海道の藤井翔太も出場したんですよ!
仕事の都合で、福岡国際マラソン後は、ほとんど走っていませんが、
「せっかく当選したから!」
と、1週間前に12000Mのペース走を行い、大会に臨みました。
「お祭りだし、無難に走るよりは見せ場を作りたい」
と、堅実なレースをする翔太らしくないメールにびっくり!!
でも、その言葉通り、10㎞あたりまでは女子の先頭集団とともにテレビに映っていましたね。
最終的には、2時間37分16秒でしたが、
さぞ、後半は苦しかったことでしょう(笑)
(5㎞毎ラップ)
17分20秒-16分59秒-17分43秒-18分30秒-
18分58秒-19分49秒-20分01秒-19分41秒-8分15秒
今年12月の福岡国際に向けて、少しずつ上げていきましょうね!!
さて、そんな翔太に刺激され、作.AC北海道メンバーもロング走をしましたよ~
30000Mを3分55秒設定で行いました。
(2000M毎)
7分50秒-7分46秒-7分47秒-7分45秒-7分44秒-
7分42秒-7分41秒-7分36秒-7分31秒-7分31秒-
7分20秒-7分18秒-7分15秒-7分02秒-6分49秒
ちょっと緩めでしたが、今の時期にしては質の高い練習です。
でも、慎重に練習を重ねて行っても、目標タイムを出せない方が多いんですよね。
練習番長にならないよう、気をつけないと(^^ゞ
スタート前の和やかな雰囲気

24000Mからはイッソとりんちゃんの二人

古田さんはTONDEN.RCの指導で別メニュー

ダウンジョグ

尚子が写したら

画質にこだわります

つどーむは午後からの方が走りやすかったです

2014年2月23日 | カテゴリー : 作.AC北海道 | 投稿者 : sakuac