名寄の夜

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、作田です。
2010年から続いている名寄市と作.AC北海道との交流も今年で4年目になります。
毎年5月は名寄市のイベントを最優先しているんですよ~
名寄市長、加藤剛士氏を囲んで

名寄の夜、ってタイトル。
なんか演歌にありそうですね。
神野美伽あたり出さないかなあ~
これは池袋の夜(歌:青江三奈)

最初は、
「名寄?遠いなあ~」
と思っていたのですが・・・意外とあっという間に着きます。
高速で札幌から2時間30分ですよ~近いでしょ!
途中、パーキングで休憩を入れながら、お土産買ったり、飲み物買ったりで。
運転疲れもさほどありませんから(^^)
昨年は有森裕子さんが名寄市を訪れ、講演会、
そして名寄憲法記念ロードレースのゲストランナーとして参加し、
大いに盛り上がりました。
ご一緒させていただき、大変良い思い出となりました。
今年は阿部雅司さん、太田尚子さん、マネージャーの菊地真司さん。
そして、サポートとして片山純と志保に来てもらいました。
心強かったです。
作ちょっとRUN?の百合子と久美子も、
「監督行くなら、私も行く!」
と、
追いかけてナヨロまで来てくれました~
これは追いかけてヨコハマ(歌:桜田淳子)

グアムに沖縄に大井川、そして名寄・・・
この二人には足を向けて寝れません。
涙が出るほど嬉しいです。
(え?そう?)
百合子と久美子

さて、ランニングクリニック終了後は恒例のお食事会です。
懇親会の場所は味楽処旬です

なんと、毎年、
名寄市長自ら、私たちをお出迎えしてくださるのです。
これには驚きです。
若くてカッコ良くて、芸能人みたいな市長なんですよ!
世界に羽ばたいて欲しいと思うくらい、
人を惹きつける魅力があります。
真面目で、スポーツマンで、それでいてお茶目なんです。
お食事会の様子

純と一緒に

再び、加藤剛士氏を囲んで

加藤市長は、歌がすごく上手くて、この日は、
「涙そうそう」
を歌われていました。
僕?
それはもちろん、
「千の風になって」
ものまねで(^^ゞ
作.AC北海道のエンターティナー
マネージャーの菊地真司の新レパートリーは、
なんと!!
岩崎宏美のシンデレラハネムーン。
しかも、振り付き!
若いのに、場を盛り上げるタイミングがわかっていますね

市長からダメ出しされるしんちゃん(という設定です)

演技派です!
阿部ちゃんは、ゆずの栄光の架け橋。
阿部ちゃんが歌うと、感動します。
しんちゃんが歌ったら、笑います。
尚子は、島谷ひとみのアンジェラス。
本人いわく、
「あたし、この曲よりうまく歌える唄、いっぱいあるのに!」
って誰も、あんたに歌唱力は期待してませんから。
走っているときよりカッコいいです

翌日はいよいよ、
なよろ憲法記念ロードレースです。
なので、早めの解散となりました~

Print Friendly, PDF & Email