豊平川マラソン2013-作.AC北海道編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月5日(こどもの日)
日刊スポーツ豊平川マラソン2013
写真:菊地真司
阿部ちゃんのめずらしい黄昏ショット

こんにちは、作田です。
日刊スポーツ豊平川マラソンを走られたランナーの皆様、
お疲れ様でした(^^)
4月下旬から続く悪天候に低温、強風と最終調整には戸惑いましたよね。
つど~むへ行ったり、真駒内公園に足を運んだりと。
菊地マネージャーとノムさん一家でテントを張りました~

アシックスプレスでお世話になった日刊スポーツ広告社の村端さんと

菊地マネージャーと祐美ちゃん(作.AC北海道)と島崎さん(作.AC札幌)の応援組

豊平川マラソン前日にはアシックスショップ札幌にてアドバイス会を開催しました。
5月4日(土)に開催しました(^^)

ご参加された22名のうち約8割が北海道マラソンにもエントリーしていましたよ~!

作.AC北海道メンバーは現在20名いますが、
今回の豊平川マラソンには6名が出場しました。
そのうち、一番調子の上がっていた坂本康佳は、
体調不良でスタート前から不安な表情。
27日の15kmビルトアップ、そして29日の30kmペース走と立て続けに追い込ませてしまい、
疲労が抜けきらなかったのが原因です。
一気に練習を詰め込ませてしまい、申し訳なかったと思っています。
1時間14分56秒。
長塚と坂本ちゃんのレース前

体調不良ながらなんとか粘るも・・・

後半エネルギー切れで失速・・次、頑張ろう(^^)

藤井翔太は2011年12月の福岡国際マラソン以来のレースです。
福岡から2週間後の練習中にアイスバーンで足を滑らせ右足首の外踝を骨折。
全治1年でした。
何度も手術を重ね、ようやく走れるようになりました。
筋力もかなり落ち、復帰まではまだまだ時間がかかりますが・・・
秋の復活を目指しています。
今回は1時間18分切りが目標でしたが、結果は1時間14分25秒。
気持ちが強いんでしょうね。
現状の走力以上でした。
もっとゆっくりでもよかったのに(^^ゞ
19km地点の藤井翔太

後半になるにつれ体が動いていました

太田尚子は長年蓄積された疲労がケガとなって出てきています。
年齢?いえいえ、同年代でもまだまだ走れるランナーはいるでしょう。
ランニングで追い込んできたキャリア(年数)でしょうか。
3~4年活躍してそのまま消えるランナーも多いですが。
でも、本当はその方が体には良いのかもしれませんね。
一定期間、やるだけやって、その後はまとまった休みを取るとか・・・
持ち前の我慢強さと、徹底した自己管理でなんとか騙し騙しここまできましたが。
一年くらい休まないと、復活は厳しいところまで来ています。
なんか、太田尚子を落としているようですが(笑)
でも、誰より太田尚子ファンなのはこの私です(^^ゞ
なんとかしなきゃと、いつも思っています。
1時間25分03秒。
走りにキレが全くない

表彰式後の太田尚子

野村智幸さんは今年に入って、4月21日の伊達ハーフマラソン、
4月29日のみどりさわやかマラソンとすでに2本のハーフマラソンを走っています。
この日は長男の隼斗君も5kmに出場するとのことで、
それに合わせて走ったようです。
(隼斗君は5kmを17分20秒で走り部門別2位でした)
今年は12月のレースに一緒に出場する予定なので、それが一番の楽しみです。
ちょっと吠え気味の野村智幸

昨年12月から今年の3月まで長期海外合宿で日本を離れていた阿部雅司さん。
2月には世界ノルディック選手権2013のTV解説も担当し、本業でも大忙しです。
札幌に帰ってくると、
「今帰ってきたよ~!時間空いてたら一緒に走ろう!」
と、必ずメールをくれるんですよ。
その度に嬉しくて嬉しくて、もう涙が出そうです(出ないんだけど)
来年のソチオリンピックまではあまり走れないそうですが、
ファンラン程度に大会には出たいそうです。
ちなみに来週(5月12日)の名寄ハーフマラソンは一緒に走りますよ~!
ご参加の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。
阿部ちゃんと暢ちゃんは一緒に走りました!


最後に長塚暢稔。
坐骨神経痛で1年以上レースから遠ざかっていましたが、
だいぶよくなってきたので、
「練習がてら、4分で走りたい」
とユニフォームは着ずに余裕を持ってレースに参加しました。
久しぶりだったこともあり、すごく嬉しそうな表情でした(^^)
そして一緒にゴールしました~(^^)

作田と島崎は走りながら応援に回りました~

途中、素敵な女性から、
「作田さ~ん!カッコいい~!!」
って、声をかけてもらい(^^)
久しぶりにトキメキました!
ほ~んと、黒い顔が真っ赤になっちゃいましたよ~(^^ゞ
(見た目は黒いままです)
お願いだから近くで見ないでね(笑)
シワの多いおっさんですから。
ゴール後のノムさん、翔太、坂本ちゃん

太田尚子の表彰式を見届ける作.AC北海道メンバー

久しぶりに翔太がレースに参加でき本当に嬉しかった!

打ち上げはもちろんガストです!

阿部ちゃん、古ちゃん、尚子さん、藤澤舞ちゃん、B作と。

Print Friendly, PDF & Email