作.AC札幌4月練習会

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月6日(土)
作.AC札幌4月練習会
チームメンバーの金子祐介さんから差し入れがありました~!

新発売のウィダーインゼリーのシェイプアップタイプとプロテインタイプの2種類です(^^)
こんにちは、作田です。
今日はメンバーが決まって最初の練習会です。
皆さん、気合が入っていましたね(^^)
作.AC札幌は、作.AC北海道ランニング教室やアシックスナイトラン、
札幌スポーツ館RC、NHK新札幌教室のメンバーのなかで走力がつき、
更に記録向上を目指したいメンバーのために結成したチームです。
なので、最初とは言え、気の知れたメンバーばかり。
でも、新発見したことも多々ありましたよ。
スタート前。
「もう緊張して吐きそうです」
「いつもの火曜日(スピードナイトラン)と同じ感じで走ればいいんだから」
と激励すると、
「火曜日も朝から緊張して吐きそうなんです!」
って。
聞くと多くのメンバーが火曜日は緊張して挑んでいたようでした。
そこまでだとは気づかなかった。
知らず知らずのうちに、緊張させる雰囲気を作っていたんだなあと(笑)
ごめんなさいね。
長時間の緊張は肉体的にもきついと思います。
阿部雅司ファンクラブ?作ちょっとRUN?

小樽潮陵高校陸上部監督の佐々木寛さん、そして今年3年生になる期待の選手と

思い起こせば学生の頃は毎日緊張していたなあ。
特に中学の頃は辛かった。
雨乞いをしたり(笑)、練習休むために色々な理由を考えたり・・・
監督の姿が見えると、
「あ、終わった(涙)」
と思うほど。
サボれないから、結局最後まで頑張ってしまう。
毎日、それの繰り返しでした。
僕は緊張のし過ぎで、失敗の連続でした。
周りの期待に応えようと、良い結果を求めてしまうんです。
それがプレッシャーになり、
「失敗はできない!」
という思いばかりが先行して。
焦っては失敗、そして落ち込んでは、
「俺って走りに向いてない」
ほんと、マイナス思考でしたね。
今の開き直った図々しい態度もどうかと思いますが(笑)
最近はいつも、
「失うものはもう何もない」
という気持ちで練習も、仕事も、人間関係もアタックしています。
(本当は小心者なんですけどね)
作.AC札幌の練習会には作.AC北海道メンバーもコーチとして来てくれています。
今回は阿部雅司さん、太田尚子さん、野村智幸さん、佐々木寛さん、釜谷茂樹さん、
そして愛弟子の片山純、志保が一緒に走りました~
ありがとうございました。
作.AC札幌メンバー一同、感謝しております。
終わったあとのまったり感がいいですね

【練習内容】
[12000Mペース走]
島崎昌敏、田中宏和(1kmあたり4分)
金子祐介、今野誠司、関口悟、鎌田英人、小高公秀、
馬場美帆、佐々木美穂(1kmあたり4分15秒)
髙橋朋恵、坂口佳世、上月閑加(1kmあたり4分30秒)
終了後は、作.AC札幌の懇親会を行ないました~!
5月も宜しくお願い致します(^o^)/
プロレスラーヨッシー御用達のお店しじみちゃんで行ないました~!

アシックスショップ札幌店長の伊藤雅樹も作.AC札幌のメンバーですよ~(^^)
今年の東京マラソンでは2時間51分台の自己ベストをマークしました!

Print Friendly, PDF & Email
2013年4月6日 | カテゴリー : 作.AC札幌 | 投稿者 : sakuac