猿払村で健康イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月23日
さるふつ公園前

みなさん、こんにちは!
なかなか雪がとけませんね。
でも、29日30日は気温が10度近くまで上がるそうですよ~!
週末は天気が崩れそうですが・・・(^^ゞ
今日明日で一気に雪がとけるといいですね。
さて、僕は先週末の3月23日と24日、猿払村で健康イベントを行いました!
走りたいランナーを中心としたランニング教室とはまた違う、
地元の皆さんとの交流が楽しめました。
そんな猿払での充実した2日間を報告します。
猿払村へ行くきっかけは、猿払村のランナー久保貴人さんの、
ランニングに対する熱意に感動したからです。
何度も何度も大会会場や、練習会場に足を運び、
地元特産のホタテをランナーの皆さんに配りながら、
「猿払村を宜しくお願いします」
と頭を下げ、猿払村の良さを知ってもらおうと地道に活動する姿をみて私自身、
彼を尊敬したのです。
だから行くことにしました!!
前日まで講習のテーマに悩みましたが、
久保さんに、
「走れる人はほとんどいない」
と聞き、
思い切り直前に内容を変えました。
資料はしんちゃんに手伝ってもらい、なんとか間に合いました(笑)
そして、当日。
午前7時48分JR札幌駅発の宗谷1号で猿払へ向かいました。
JR音威子府駅までの約3時間、
岩見沢-美唄-砂川-滝川-深川-旭川
とここまでは停車ごとに駅周辺の賑わいを感じたのですが・・・
その後は大きな都市と言えば「サフォークの街」士別市くらい。
(毎年、増田明美さんが参加する士別ハーフマラソンでも有名ですね)
JR美深駅

どんどん、のどかな景色に変わっていきました。
景色を見ながらボーっとしていると、なんだか寂しい気分になってきました。
この寂しい気分に入りこんでくる歌。
それはもちろん、朱里エイコさんの名曲
「北国行きで」
(猿払村は北海道最北端の村ですから)
イントロからいいんですよね~♪
「サムライニッポン」「白い小鳩」「ジョーのダイヤモンド」など名曲揃い

「次の~北国行きが~来たら~乗るの~スーツケースをひとつ~下げて~乗るの~」
これがマッチします。
最近の音楽にあまり心動かされないのは、年齢を重ねたせいでしょうか(笑)
メロディーもリズムもいいのに、さらに歌も上手いのに、なぜか心に響きません。
1970年代、和製ジャニスジョプリンと言われ、
日本人ながらアメリカで活躍した朱里エイコの曲はパンチがあっていいですね。
音威子府で乗り換えるのですが、このJR音威子府駅の外観が気に入り、何枚か写真を撮りました。
JR音威子府駅の改札口

JR音威子府駅の外観

音威子府付近

木材の町らしい外観です。
「すいません、バス乗り場はどちらですか?」
と地元の方に聞くと
「ほら、そこよ(^^)」
と、気さくに対応頂きました。
音威子府そばが有名で、少し歩くと天塩川が流れています。
人口が1.000人を割っているようですが・・・
音威子府そばは凄く美味しい!
たぶん初めて食べる味です。
地元でしか食べられないのが本当に残念です。
音威子府そば

さて、ここからは宗谷バスです。
音威子府発の稚内行きに乗りました。
このバスは、
JR音威子府駅→中頓別→浜頓別→猿払→宗谷岬→JR稚内駅
の、約4時間コース。
もちろん僕は猿払(約2時間)で降ります。
せっかく乗るんだから
「真正面から景色が見たい!」
と一番前を陣取ったのですが・・・
え?僕一人??
(途中、たくさんの方が乗車しましたが)
しばらくは贅沢な時間を過ごしました。
この有意義な時、本でも読んで、音楽でも聴いてって思っていたのですが、
ウォークマンは(あ、僕はiPOD派じゃないんです)出発直前に壊れるし、
本は、キャリーバッグの中で出すのも面倒だし・・・
でも自分の頭の中で勝手にウォークマンが流れ、
その景色に合った曲がその都度出てきます。
もう本物のウォークマンはいらないかも(笑)
途中、何人か乗るのですが・・・
待っている場所が家の前とか(笑)
そうなんです。
フリー乗降出来るんですよ。
地元ならではですね。
でも、こういうサービスがないと、地元の人は大変だと思いました。
降りるときも
「次の赤い屋根の家の前で降ろしてください」
の一言でOK!
しばらくまたボーっとしていると道路わきに鹿の大群が!!
しかも何十頭も!!
大自然を感じましたね~(^o^)/
鹿が群れとなってあちこちにいました~

約2時間かかりようやく猿払に到着です。
バス停では猿払ランナー久保さんが立って待っていました。
(凄い寒いのに・・・)嬉しかったです。
長くなりましたので、次にまた書きますね。
お出迎えてしてくれた猿払村教育委員会の山本さんと久保さん

Print Friendly, PDF & Email
2012年3月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac