第65回福岡国際マラソンに出場して

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡国際マラソン完走記
作田徹
163位 2時間35分35秒
いやあ~川内優輝選手!凄かったですね。
あの3段スパート!これでもかこれでもかと今井選手を突き離し、
ゴールまで一心不乱に向かう雄姿に思わず、涙してしまいました。
今までにないタイプですね。
限界を100回位超えたような、そんな走りです。
そして、ゴール後、担架を持って川内選手を待ち受ける
地元スタッフの対応もベリーナイスでした!(^^)!
残り2つのオリンピック代表選考レースがありますが、心情としては
「川内さんが選ばれるといいなあ~」
と思ってしまいました。
独特な雰囲気が魅力なのでしょうか。
応援したい気持ちでいっぱいです。
また、今井選手の競技場に一礼するシーンにも涙が出てしまい・・・
そんな見どころいっぱいの福岡国際マラソンに今年も出場してきました~
昨年の100㎞世界チャンピオンの中台慎二選手と藤井翔太(羽田空港にて)

中台選手(Harriers)は99位でした!
(17:31-17:43-17:34-17:32)(17:47-17:57-18:05-19:04) (8:26)
2時間31分39秒
僕は今年で4回目(^o^)/
福岡国際マラソンって、以前は2時間26分を切らなければ出場できなかったんですよ。
(現在はAグループ2時間27分以内)
1995年の別府大分毎日マラソンでやっと出場権を獲得したのに、翌年のアキレス腱のケガで1年間走れず、記録は流れ・・・
それ以降はなかなか26分も切れず(笑)
その後は当時、2時間30分を切ると出場できる東京国際マラソンに出場していました。
(現在の東京マラソンの前身です)
4回出場(1998~2001)した後、資格(2時間30分以内)がなくなっちゃって(笑)
4~5年位前まではこれでも、もう一度、東京国際マラソンに出場したくて
2時間30分切りを目指したいたんですよ~
なんだか懐かしいですね。
レース当日の地下鉄移動時にお会いした山本健一さん

たまたま、向かいに座っていらしゃっていて色々とお話をしながら
会場まで行ったのですが。
なんと山本さん、1970年代に2時間16分台でフルマラソンを走ったことがある
名ランナーだったのです。
第3回の別海パイロットマラソンで優勝したことも、また別府大分毎日マラソンでも
好成績を収めたこともある、市民ランナーだったそうです!!
今でいう川内さんのような存在だったのでしょうね。
お会い出来て光栄でした(^O^)/
福岡にB標準が出来てからはずっと出たいと思っていたのですが
(当時は百貨店勤務でしたので12月のクリスマスシーズンは休みが取れず)
2008年にようやく念願叶いました。
今年も走ることが出来てすごく嬉しいです。
今回は作.AC発足時から、指導している藤井翔太と一緒に参加しました。
もう5年以上前、とある市民大会で彼の粘り強い走りを見て
「一緒に走りたい」
と思い、声をかけたのが翔太との出会いです。
翔太は順調に結果を残し、2009年には洞爺湖マラソンで2時間31分42秒、
ハーフでも1時間10分~11分でコンスタントに走れる力が付いてきました。
しかし、昨年の夏以降あたりから練習環境が整わず、仕事も長期出張、
さらには膝のケガ・・・としばらく走れなかったのです。
皆さんも経験あるかと思いますが、走りたいのに走れないのって本当に辛いですよね。
翔太にとっては1年7か月ぶりのマラソン出場となります。
スタート付近の雰囲気(大濠公園)

スタート前に昨年の洞爺湖マラソンでご一緒した高田大介さんと

高田 大介さん(静岡陸協)は88位でした!!
(17:35-17:40-17:30-17:33)(17:45-18:00-17:54-18:27) (8:25)
2時間30分49秒
翔太は9月から練習開始。
3月~8月までは全く走れていなかったので、まずは60分しっかり走り切れる体、
3週間後には90分走れる体を目指しました。
ペースも1㎞当たり7分~6分30秒。
けが予防のため、同時に筋トレ(腹筋、腕立て、スクワット、カーフレイズなど)も行いました。
翔太にとっては苦痛だったかもしれませんが90分走り切れるまでは
ウォーキングもJOGの中に入れましたよ。
ところが、走り始めて間もない9月下旬に
「5月に函館ハーフ申し込んだから、走りたい」
と言ってきて・・・
普段なら「出るな!」と言うのですが、ゆっくり走ることを条件に参加を許しました。
もう自分のこと以上に心配で(笑)
無理して走ってケガしたらまた一からやり直しですから。
マラソンで2時間30分切りを目指すなら最低3か月は月に550~600㎞の走り込みをしたいところ。
もちろん基礎となる土台があってのことです。
今の翔太にはその土台すらないから・・・
月間400㎞を超える練習はさせられません。
10月~11月に30㎞JOGを4本、10月中旬にようやく20㎞を4分ペースで、
11月中旬には12000Mを3分40秒で、6000Mなら3分30秒切って走れるようになりました。
福岡のコースは前半抑えれば後半上がるという、
後半型の翔太にはもってこいの展開になることを考え、
設定ペースは3分40秒(2時間34分40秒)。
全盛期ならこの記録の出やすい福岡のコースなら2時間27~8分では走れていたかもしれませんが、
今の翔太にはこれが精いっぱいでしょう。
「潰れたくないなら前半に貯金をしようとか、前を意識しないように」
「32キロ手前の折り返しまで余裕があっても飛ばさないように」
そういって、翔太を見送りました
(って僕も走るんだった~~)
僕は家政婦のミタばりに翔太がしっかりペースを守っているか後方からチェック
(ミタも真っ青~)
そして今日の自分のテーマソングは中島みゆき「荒野より」
こ、お、や~~~~よりぃ~き~みにつぐ~
後悔など、なに~も~ないぃ~~~
ここのフレーズが頭から離れず・・・これは強烈です。
でもこの曲が時には燃えさせ、時には落ち着かせてくれました~
実は僕はあんまり良い練習が出来ておらず、今回も完走が目標でした。
2週間前の調整練習です。
【11月】
20日→UP(4㎞/20分43秒)12000Mペース走(44分24秒)
2㎞毎(7分29秒-7分29秒-7分29秒-7分26秒-7分26秒-7分06秒)
DOWN(6㎞/36分)
21日→休養
22日→アシックススピードナイトラン(14㎞)
1㎞当たり5分~4分20秒+帰宅ラン(4㎞/23分14秒)トータル18㎞
23日→UP(4㎞/22分56秒)12000Mペース走(42分16秒)
2㎞毎(7分06秒-7分05秒-7分04秒-7分04秒-7分04秒-6分53秒)
DOWN(4㎞/22分48秒)COOL(2㎞/12分42秒)
24日→NHK新札幌教室(9㎞/63分)1km当たり7分
25日→アシックスナイトラン(8㎞)+帰宅ラン(11㎞)トータル19㎞
26日→休養
27日→PM11:00~30㎞JOG(2時間37分25秒)
内訳(2.5㎞)15分25秒-(8㎞42分29秒)-1.5㎞(8分43秒)-3㎞(15分09秒-14分57秒)
1.5㎞8分26秒-(8㎞)38分58秒-(2.5㎞)13分16秒
28日→PM11:40~15㎞JOG(86分10秒)
内訳(3.5㎞)21分47秒-(4㎞)22分44秒-(5㎞)26分50秒-(2.5㎞)14分48秒
29日→PM11:30~11㎞JOG(68分40秒)
内訳(2.5㎞)16分51秒-(3㎞)18分21秒-(3㎞)17分50秒-(2.5㎞)15分34秒
30日→通勤ラン(4㎞/21分28秒)+アシックスナイトラン(8㎞)1㎞当たり6分45秒
+帰宅ラン(2㎞) トータル14㎞
【12月】
1日→NHK新札幌教室(7㎞/52分)1km当たり7分30秒
帰宅ラン(11㎞/73分10秒)AVE.6分40秒
2日→通勤ラン(4㎞)+アシックスナイトラン 68分17秒(10㎞)
内訳(2.5㎞18分03秒)(1㎞当たり6分26秒-6分20秒-6分10秒-6分10秒-6分10秒-
6分10秒)9分47秒(1.5㎞)+帰宅ラン(4km) トータル18km
3日→朝(札幌)6㎞(36分)
夜(福岡)10㎞調整(35分JOG+1㎞3分30秒+15分JOG)
11月23日の12000のペーラン以外は刺激がなく不安でした。
27日に30㎞の回復JOGを行い、本来なら最終週の火曜日10000M(3分40秒)
水なら8000M(3分35秒)木なら4000M(3分30秒)金なら2000M(3分25秒)
最悪前日なら1000M(3分30秒)にするのですが、
今回は時間がなく前日に1000Mを入れました(ケガしたくなかったのでアップシューズで)
ちなみに前日はオムライス、翔太はパスタを食べ、帰りに
「せっかくだし屋台に行くか!」
と二人で屋台に行きました~(アルコールは控えました)
24時間スーパーで翌日の買い出しをして終了。
最初の5㎞は18分18秒
(え、このまま行ったら2時間34分!無理・・・笑)
少し落としたのですが、ここで翔太もしっかり落としています。
(お、いいぞ!)
10㎞36分49秒(もっと落とさないと・・・)
その後も、3分40秒~42秒で35㎞まで行きました。
なにが良かったのでしょうか。
今まで長くマラソンを走ってきて、大体のタイムの目途は立つのですが・・・
自分の中の2時間35分というのがあるのですが。
「この練習内容で、この疲労度、最後の調整でこれ位だから今回のレースは2時間35分」
という読みが長年の経験で出来るのですが、今回は何か別の力が働いたような気がします。
なんかミステリアス風ですね。
自分の読みでは2時間38分だったのですが(笑)
藤井 翔太 2時間34分20秒
(18:12-18:18-18:21-18:26) (18:13-18:11-18:06-18:37) (7:56)
過信せずレースを進め、後半ペースアップ!見事なレース展開でした。
「今の実力は出せたんじゃないかな」
と思っています。
走ることが大好きな翔太にとって今年は、辛い一年だったと思います。
でも最後の12月にマラソンを走れて本当に嬉しそうでした(^O^)/
ゴール後、競技場で写真を撮りました!

ゴール後、まっすぐ太宰府天満宮に足を運び参拝してきました~

翔太のおかげで、最後まで集中力をもって走ることが出来ました(^O^)/
来年も元気だったら翔太と一緒に福岡に出たいです!!

Print Friendly, PDF & Email