第36回札幌マラソン-女子ハーフマラソン-

このエントリーをはてなブックマークに追加

太田尚子が1時間21分56秒!
総合5位、年齢別では2位以下を圧倒しました(^O^)/
【女子ハーフマラソン総合】
優勝 澤美加(佛教大学)1時間16分10秒
2位  板鼻ゆき(佛教大学)1時間17分58秒
3位  北尾香穂里(佛教大学)1時間18分56秒
4位  井上愛恵(北海道大学)1時間20分43秒
5位  太田尚子(作.AC北海道)1時間21分56秒
6位  豊島典子(北海道MC)1時間23分02秒
7位  吉田江里(北海学園大学)1時間23分58秒
8位  宮田博美(ちばりよ~RC)1時間24分48秒
真駒内公園内(ラスト1㎞付近)

昨年のサロマ湖100㎞での途中棄権以降、ずっと不調と戦ってきた
太田尚子でしたが、ようやく復調!
(ていうか、また這い上がってきたという感じ!?しぶといですね)
北海道の市民ランナーの女王と言われながらも、
年齢とともに辛かったでしょう。
ぱっと出てサブスリー達成して何年かして(結果が出ず)諦めるランナーは沢山いますが・・・
それを10年以上も道内の市民トップの座を維持するのは
並大抵の根性では成し得ないでしょう。
「継続は力なり」
と口では簡単に言えますが、それを実行していると
自信を持って言える人間がどれだけいるか・・・
人と同じことをして、人より上に行けるわけないのですから。
結果を出すには人よりほんのちょっとの努力が必要(^○^)
そう思いたいですね。
17㎞付近

表彰式の様子

旭川ハーフ後(実は旭川ハーフも1時間21分56秒)
「札幌マラソンと旭川ハーフ、どっちが記録出るだろうか?」
と何度も僕に聞いてきていました。
僕は
「旭川ハーフでは良い記録出て当然だろ!
でも札幌で出さないと完全復調とは言えないよ。今の実力では1時間22分後半かな」
と言ってしまいました(笑)
前日も風向きが気になるのか、
気温と風向きを何度もチェックしていたようです。
予報では西よりの南西の風。
(横風ですね)
例年より、風は弱く(時折、突風のような風が吹いていましたが)
今回は自己ベストを出しているランナーが多かったですね!
(10㎞は何故か低調で、好記録を出したランナーは身近にはいませんでした。)
走る前は「1時間21分台では走りたい!」
と話してました。
なんと、尚ちゃんは旭川ハーフ後、
月曜日休養し、火曜日には朝4時に起きて30キロの回復JOG、
そしてその夜はアシックスショップでのスピードナイトランに参加しました。
それだけ、気合が入っていたんですよ。
日頃から
「自分には素質がないから、人の倍以上走らなきゃならないの」
と言ってますが・・・何を言います!!(笑)
「努力をする素質があるじゃないですか!!(^O^)/」
憧れの増田明美さんと

年代別優勝の乙二加津子さん(今年から指導させて頂いてます)


乙二さんと出会えて良かった。
「あと3年はどうしても頑張りたいの!
だからお願いしたいんです。
いつどうなるかわからないし・・・後悔したくないんです」
乙二さんの強い意志に心打たれました。
まだ伸びる余地はあります!
そう信じてこれからも練習続けましょうね(^O^)/
ランナーとして、そして人生の先輩として尊敬しています。
チームメンバーと!

チームっていいですよ(^O^)/

Print Friendly, PDF & Email
2011年10月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac