別海パイロットマラソンは片山純が優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道新聞 スポーツ21面
2011年10月3日(月)


北海道マラソン10回目の招待選手としての任務を終え、
現在は休養中のマツヒロ。
しかし、例年お世話になっている別海へはどうしても行きたかったそうです。
何故って!?
それは別海町の温かいおもてなしと、アットホームな雰囲気が
好きで好きでたまらなくなるからです。
練習不足を覚悟の上で、レースに参戦しました~
レース前日のメールで、
「今回は楽しく完走出来れば(^o^)/」
「ぜひ、作田さんが指導している片山純さんに優勝してもらいたい。」
と話してくれていました。
現実になりましたね(^^ゞ
ちなみにマツヒロは2時間36分26秒で2位!!
練習の一環にしては上出来です。
先週の旭川ハーフマラソン前日、純と志保ちゃんの家にお世話になりました~

純とはもう出会って15年。
純が大学3年生の時、
「作田さんに指導をしてもらいたい」
が始まりでした。
純が良い結果を出してくれるたびに嬉しかった。
1999年にはびわ湖毎日マラソンで2時間23分26秒をマーク。
5000Mもコンスタントに14分台を出せるランナーに成長しました。
その後、純は志保ちゃんと結婚。
今度は純が夫、兼指導者として志保ちゃんをコーチ。
志保ちゃんは2003年の北海道マラソンで、
2時間48分19秒というタイムで走っています。
純と僕は大の阿部雅司ファン!!阿部ちゃんから頂いたジャケットは純の宝物だそうです

互いの家には阿部ちゃんの写真を飾っています

今から7年程前。
「もう作田さんのように全てを賭けて走ることはしない」
と何気ない会話の中で言い出したのです。
今となれば、その気持ちは凄くわかるのですが。
僕と志保ちゃんは、純がまた走りたくなってくれることを願っていましたが・・・
純が走らなくなると、それまで本当の兄弟のように仲が良かった
作田と純は疎遠になり・・・(涙)
1~2年、これといった連絡は取り合わなくなってしまいました。
当時、志保ちゃんは、
「私が走ることを頑張ったら、純ちゃんも走ってくれるかなあ」
と言ったのを覚えています。
留萌自衛隊のコーチとして実績を上げる純でしたが、
自分の練習はさっぱり。
(実際、教え子が結果を出してくれると、
自分の結果なんてどうでも良くなってしまうんですよね。)
ところが2010年の1月4日、つど~むで偶然再会。
新年早々、今年はいいことあるかも、と願掛けました。
その後は、一緒に練習するようになり
チームこそ違えど、互いに自分のことのように応援し合うようになりました。
純特製のイチゴカクテルです

志保ちゃんのお母さんから頂きました

皆さんご存知の通り、
志保ちゃんは100KMの北海道記録保持者。
今年のサロマ湖100KMでは女子総合2位。
日本代表として団体戦銅メダルに貢献しました。
志保ちゃんこそ、本当はそんなに走ることに執着していないのですが(笑)
「これで純ちゃんが走ってくれるなら(^^ゞ」}}
と、頑張っているようです。
またいつか、純が大きな大会で優勝してくれることを願っていました。
だから本当に嬉しいよ!
純、優勝おめでとう\(^o^)/
ずっと、応援してるから。