作田徹-2011北海道マラソン完走記-

このエントリーをはてなブックマークに追加

作田徹
80位
2時間46分34秒
新川通り付近(31キロ手前)

作田です!
2011北海道マラソンに出場された皆様、本当にお疲れ様でした。
自分にとって今回は、前日のホテルライフォート札幌で開催された、
「北海道マラソンシンポジウム&
作田コーチのマラソン前日ワンポイントアドバイス会」
を、
成功させることが目標でした。
さらにいつもご支援頂いてる札幌スポーツ館さんに貢献できればと、
午前11時からと午後3時30分からの2回、
北海道マラソンアドバイス会を行いました。
どちらも大盛況のようでしたのですごく嬉しかったです。
この時点でなんだか、
「北海道マラソンを走ってしまったような錯覚」
に陥ってしまいました(笑)
北海道マラソンシンポジウムの様子

マラソン前日ワンポイントアドバイス会

札幌スポーツ館での北海道マラソン前日アドバイス会

現状の走力は自分自身が一番よくわかっています。
「今の力なら、4分ペースで2時間48分が精一杯だろうなあ~」
と見込んでいました。
しかし、アシックスショップ札幌で行われた、
「作田徹タイム当てクイズ」
のみなさんのタイムを見ると・・・
「げっ!みんないいタイム書いている!」
予定を変え、設定タイムを1㎞当たり3分55秒(5㎞19分35秒)で行くことにしました。
5㎞毎のLAPです
19分15秒-19分31秒-19分37秒-20分02秒
20分34秒-19分41秒-19分53秒-19分46秒
8分13秒
1時間22分50秒
1時間23分44秒
トータル2時間46分34秒
20㎞手前までスルメのノムさんと並走していました

20㎞付近、
苦しくて、リタイアが頭を過りましたが、
「まさか、作田徹タイム当てクイズに途中棄権と書いた人はいないだろう。」
と、タイム当てクイズを優先しました。
後半は、練習不足からか37㎞付近で左脚が痙攣し、
現状維持が精一杯。
ところがゴール直前、沿道から
「作田~~!!猫に負けるのか~!?情けないぞ!」
と大きな声が聞こえました。
「え?今の声、何?誰!?(ちょっとキレました(笑)」
けっこう苦しかったです

「このままでいい」
という思いから一転。
ラスト3㎞を切った時点でスパートしました。
そしてラスト500mで猫さんを抜いてしまいました。
なんて大人げない。
(猫さん、果敢に記録を追って最後まで頑張っていたのに、本当にごめんなさい)
ゴール後は脚が攣って動けなかったのですが、
見栄っ張りな僕は、みんなに脚が攣ったと思われたくなくて平静さを装い、
一礼をしゴールを後にしました。
今まで脚が攣ったことなんてなかったのに・・・
例年のことながら今年も体に水をかけまくったので、
暑さはあまり気になりませんでした。
ただ、体の衰えよりも気持ちの衰えを感じたレースでした。
今の練習できない環境に甘え、
「これくらいの記録であればなんとか走れる」
みたいな妥協。
言い訳を作らず、元気なうちに、もう一度、
思い切り走って潰れるようなレースをしたいです。


レース後、5時間の最終ランナーまでずっと応援していました~
残念な結果に終わってしまったランナーもいるかと思いますが、
1週間もすれば、
「また来年も挑戦しよう!」
という気持ちになりますから!!!
つい数年前まで、自分のレースが終わるとすぐに次の目的地へ向かっていました。
当時は人の結果なんてどうでもよかったのですね。
でも、ランニングクリニックを始めたおかげで、
多くのランナーと出会うことが出来、交流を持つことが出来ました。
新川通りの折り返し。
ランナー達がすれ違う一番つらいところで、走っている皆さんもつらいでしょうに、
「作田さ~ん!頑張って~!!」
と何人のランナーの方に声をかけてもらったことか・・・
本当に嬉しかったです。
涙が出そうでした(出なかったけど)
作田徹のゴールタイム当てクイズに応募された皆様。
予想が大きく外れてしまって申しわけありません。
1位の商品は10000円!
ユッコさん、これでアシックス商品をたくさん買って下さいね!
ユッコさん!完走おめでとう(^O^)/

島義幸さん(ゴール前なのに・・・笑)

来年も、頑張ります!!

2011年9月2日 | カテゴリー : 作田徹 | 投稿者 : sakuac