理学療法士 古田仁

このエントリーをはてなブックマークに追加

小児の呼吸理学療法の実際
講師:古田仁
主催:NTT東日本札幌病院


作.ACの古ちゃん(古田仁)がランナーとしてではなく
理学療法士として招かれました-!
大学卒業後、マラソンの実業団選手(7年も!)を経験し、
30代で3年間千歳リハビリ学院に通い国家試験に合格!
理学療法士として人生の再スタートを切りました。
まさに努力のひとですね。
その後、天使病院に勤務し、
現在は札幌市北区屯田のリラ整形外科クリニックで活躍しています。
無表情でギャグを連発し、みんなを笑いの渦に巻き込む古ちゃん。
その場の空気を自然に変えてしまう力があるのも、まさに天性ですね(^O^)
NTT東日本札幌病院の皆様からも
「優しいお人柄の出た素晴らしい講習でした!」
とのお声を頂きました(^o^)/
凄くチャーミングな女性が司会を務めました

最初は微妙に緊張感漂っていましたが・・・

実技演習の頃には楽しい雰囲気になってました~!

実技ではスクイジングを主に行いました(^O^)
(自分の手で肋骨付近を触り、呼吸のリズムを把握しながら
ソフトに圧をかけて行く手技)
特に赤ちゃんはポジショニングが難しいようです。
和やかに進行しています

なんと!モデルとなっているのはNTT東日本札幌病院のお医者さんです!


僕はこのあと、あまりに気持ちが良くなったのか寝てしまいました~(^^ゞ

約1時間30分の講習会もあっという間に終了しました(^O^)

NTT東日本札幌病院の皆さんは、とっても仲が良い感じでした~
驚いたのはドクターが上から目線ではなく、看護師さんや理学療法士さん、助産師さんと
しっかりコミュニケ―ションを取っているところです。
「先生!」な~んて呼ばれ続けると自分が偉くなったようにかん違いして、
生徒や部下を上から押えつけて狭い世界で生き続ける方もいらっしゃいます。
偉ぶらない、相手を褒める、話しを聞く、約束を守る。
一方的な指導やアドバイスだけではいけない・・・
う~ん、自分にも足りないなあ~!(笑)
明るく元気なNTT東日本札幌病院の皆さんを見てちょっと!?
感じました(^^ゞ
まだまだ成長過程ですね(^o^)/
知識取得はもちろん、素晴らしい人との出会いもあり
凄く実のある講習会でした~!

2011年4月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac