第60回別府大分毎日マラソン(2011年)大会結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

マツヒロ、福岡国際A標準クリアならずも健闘!!
2時間27分45秒 32位
松田洋
別府大分毎日マラソンを終えたマツヒロからコメントありました~!
ランニング教室お疲れ様でした。
盛会だったことでしょうか。
多くのご期待賜りながらも今回も目標至らず申し訳有りません。
力は出し切った感がありますが、果論としてはレース中のコースの風向きを
完璧に予想を外した中でのレースでした。
しかしながら昨年の別海(2時間29分10秒)、つくば(2時間27分51秒)、
そして今回の別大を振り返った際。
明らかに30キロ以降まともに走れる脚を全く養えていないこと。
今、改めて気づいた思いです。
試行錯誤の積雪期の練習も年々工夫出来てきて、
現環境下では初めての冬の27分台にはなりました。
ただ、単純に机上の計算上あと1キロ当たり1秒の底上げ以前に
具体的に改善すべき基本的な能力があるように感じます。
また福岡再挑戦に向けて長い追試がこれからも続きますが
何も懲りることなく取り組み続けるだけです。
今回も最後まで気持ちが切れなかったことや、
15キロ以降、正月に箱根駅伝で活躍していた学生らと怯まず互せたことは良い経験となりました。
今回得たこと学んだことを糧にしてまた次の挑戦を続けます。
松田洋
第60回別府大分毎日マラソン
☆大会結果☆
1位  アハメド・バダイ (モロッコ) 2時10分14秒
2位  ダニエル・ジェンガ (ヤクルト) 2時10分24秒
3位  前田 和浩 (九電工) 2時10分29秒
4位  アルン・ジョロゲ (小森コーポレーション) 2時11分43秒
5位  藤田 敦史 (富士通) 2時12分26秒
6位  森脇 佑紀 (JFEスチール) 2時12分34秒
7位  下重 正樹 (コニカミノルタ) 2時13分07秒
8位  ジェフリー・ハント (オーストラリア) 2時13分14秒
9位  瀬戸口 賢一郎 (旭化成) 2時15分01秒
10位  鬼塚 智徳 (九電工) 2時16分52秒
11位 渡辺 史侑 (旭化成) 2時18分32秒
12位 中村 悠希 (カネボウ) 2時18分51秒
13位 油谷 繁 (中国電力) 2時19分05秒
14位 髙田 伸昭 (枚方マスターズ) 2時20分39秒
15位 澁谷 昭憲 (黒崎播磨) 2時22分53秒
16位 アビヨテ・グタ (エチオピア) 2時23分48秒
17位 滝澤 優 (YKK) 2時24分37秒
18位 清田 泰之 (中電工) 2時24分46秒
19位 大久保 明彦 (富士宮アスリートクラブ) 2時25分28秒
20位 伊藤 健太郎 (協和発酵バイオ) 2時25分28秒
21位 原田 正彦 (セントポールクラブ) 2時25分38秒
22位 後藤 将友 (日本文理大学) 2時25分44秒
23位 アンドルー・レザビー (オーストラリア) 2時26分07秒
24位 岩永 暁如 (九電工) 2時26分07秒
25位 大石 賢 (東京陸協) 2時26分25秒
26位 藤原 洋志 (豊後大野陸協) 2時26分29秒
27位 中田 崇志 (関東RC) 2時26分32秒
28位 松原 正典 (浜松ホトニクス) 2時26分40秒
29位 平田 洋一 (大分陸上競技協会) 2時27分18秒
30位 尾方 亮介 (九国大AC) 2時27分18秒
31位 小林 優太 (明治大学) 2時27分35秒
32位 松田 洋 (作.AC北海道) 2時27分45秒
33位 小釜 燈台 (明治大学) 2時28分03秒
34位 サムソン・ラマダニ (タンザニア) 2時28分10秒
35位 増田 陽一 (マツダ) 2時28分32秒
36位 西野 毅 (奈良陸協) 2時29分17秒
37位 山中 孝一郎 (アトミクラブ) 2時29分20秒
38位 斎藤 亮 (山口合同ガス) 2時29分20秒
39位 三浦 寛士 (豊後大野陸協) 2時29分27秒
40位 齊藤 健太 (富士ゼロックス) 2時29分42秒
41位 天野 元文 (ホンダ浜松) 2時30分03秒
42位 松井 良弘 (日本福祉大学) 2時30分35秒
43位 安田 砂土志 (埼玉県警察走友会) 2時30分46秒
44位 西田 裕一郎 (九州自動車リース) 2時31分03秒
45位 高田 大介 (静岡陸協) 2時32分08秒
46位 大滝 学 (埼玉陸協) 2時32分10秒
47位 平沼 宏明 (埼玉陸上競技協会) 2時32分20秒
48位 松浦 幹太 (東京大学陸上運動倶楽部) 2時32分26秒
49位 宮原 元 (三鷹市陸協) 2時32分27秒
50位 木之下 研悟 (日野市陸協) 2時32分36秒

2011年2月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac