第2回旭川ハーフマラソン 阿部雅司が札幌国際ハーフ標準記録突破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピック金メダリストの阿部ちゃんが快挙!
ハーフマラソンで1時間17分46秒の自己ベストをマーク!!
45歳で札幌国際ハーフマラソンの標準記録をクリアしました(^O^)
最後の力を振り絞ってゴールに向かう阿部ちゃん!

こんにちは!
9月最終の週末、道内各地ではマラソンレースが目白押しでしたね(^o^)/
大きなところでは函館ハーフマラソン(本格派の日本陸連公認コース)、
余市味覚マラソン(未公認コースですが、参加賞や副賞は盛りだくさん!)
札幌では白石サイクリングロードをコースをしたレースも開催されたようですね。
(白石区民限定だそうです。チームの暢ちゃんが出場しました!)
そして僕たちは旭川ハーフマラソンに出場しました~!\(^o^)/
日本陸連公認の河川敷を走る気持ち良いコースです。
ゲストランナーにはあの!千葉真子さん。
とってもチャーミングでしたよ~
今回のレースでは秘かな目標がありました。
阿部ちゃんのハーフマラソン1時間18分切りがかかっていたのです。
今年7月に開催された札幌国際ハーフマラソン。
実はこの大会、公認コースで1時間18分00秒以内の
実績がないと出場出来ないのです。
(一部参加しているランナーがいるようですが実質、記録がないと出場出来ません。)
「オレも札幌国際ハーフマラソンに出場したい!」
ノルディック複合の全日本コーチを務める傍ら、
マラソン練習に本気で取り組んでいた阿部ちゃん!
記録達成に向け、様々な練習をしてきました。
春先の洞爺湖マラソン以降、サロマ湖100Kでの不調や
北海道マラソンの初の3時間オーバー・・・
なんとかここで不調から脱出したかったのです。
9月12日には人生初のトラックレース参戦(5000M)
続く20日はこれまた人生初の駅伝出場!(サーモン駅伝5K)
そして直前には8K(3分40秒)ペース走。
23日(秋分の日)作.RUN練習会にて
(3分37秒-3分39秒-3分39秒-3分39秒-3分40秒-3分39秒-3分38秒-3分31秒)
トータル28分56秒と1時間18分切りに手応えを感じた阿部ちゃん。

作.(ドット)RUNでも18分切りを目標に練習に励んでいます。
札幌マラソン同様、河川敷のレースになるのでペース走も河川敷で実施。
伊藤聡克さん、磯松紀広さん、斉藤康太さん
この日しっかりメニューを消化しました!
作.(ドット)RUN練習会風景。


そしていよいよその日がやってきました。
磯も康太も2日前から不安で寝れなかったようです。
でもそんな顔を見せず笑顔で挑みます。
おじちゃんアイドル☆ノムちゃんと。

公認レースなので陸連登録者は最前列に並びます。

そして9時30分!ハーフマラソンスタートです。
コースは全て河川敷です。
(すいません、レース写真ないんです)
あっという間に選手が戻ってきました~(^^ゞ
作.ACでは古田仁が貫録の年代別トップでゴールに向かいます。
さすがの走り!古ちゃん、かっこいい~!


おーっと、そのあとすぐにノムちゃん登場!ボスのスルメ事件から人気急上昇中です!!

僕は今回、18分切りを目指す選手の走りをサポートしました。
(あ、僕の方がされたのかも(^^ゞ)
市民ランナーにとってハーフマラソン1時間18分切りは大きな壁なんです。
仕事、家庭、付き合い、勉強・・・疲れた体に鞭打って頑張っているランナーがどれだけいるか・・・
阿部ちゃん始め、伊藤さん、磯松さん、康太。
最後まで諦めないでね(^v^)
ゴール手前、遅れ気味の磯松さんを前に出そうと促す、いやらしい走りの作田。

設定タイム1K/3分40秒(5K18分20秒)に対し最初の5Kは18分00秒。
この時点で磯と康太がぴったり付く。
練習の感じで磯は1時間16分後半は出ると判断し引っ張りました。
阿部ちゃんは100Mほど後方、伊藤さんは1分近く遅れています。
(平坦で風も豊平川ほど強くないので、札幌マラソンよりは記録が出やすいですよ。)
その後、向かい風を受け(18分29秒/10K36分29秒)
折り返し後は追い風になり(18分12秒-18分01秒)
20K通過は1時間12分43秒。
「磯と康太が18分切れる・・・!!」
胸が熱くなりました。
気がかりは阿部ちゃん。
練習の感じでは康太より上と見ていたので、ちょっと心配でした。
こんなに嬉しいことは久しぶりです!!

競技場に入り1時間16分台を確信しました。
15K地点辺りからずっと苦しそうだった康太が最後まで付いてきました。
嬉しかった。
磯松紀広 1時間16分40秒
斉藤康太 1時間16分42秒


写真提供:ハノハノ陸上部 福田仁
3人で抱き合って喜びを分かち合うも、阿部ちゃんがどれくらいで来るか?
すぐに後ろを向き見渡しました。
時計は1時間17分を少し回ったところ。
「あ、来た!!!」
しかも、ちょっと余裕あり??
最後のスパートは凄かったです。
阿部雅司 1時間17分46秒
折り返し後、特に18K過ぎは本当にキツく
「一時は諦めかけた」そうです。
でも
「ここで諦めて札幌マラソンで再挑戦するほうがもっと辛い。」
と奮起しました。
来年は一緒に国際ハーフ走ろうね!
阿部ちゃんおめでとう!!
太田尚子は1時間21分27秒で復活の兆し。

表彰式写真集







そしてゴール後。
みんなでレースを振り返りながら盛り上がっていましたが、
「もうすぐボス(照容)ゴールするんじゃない?」
との一声で一同河川敷へダッシュ↑↑↑
ボス(小泉照容)は作.(ドット)RUNのマネージャー。
練習会の準備(給水、テーブル)みんなの世話係、
相談役、そして大会でも自分の走りを諦め
サポートに回ってくれています。
そんなボスの久しぶりの晴れの舞台!
写真集にしてみました~(^v^)
※一部マニアを除きスルーして下さいね(^^ゞ
照容の応援隊、いざ出発!

照容発見!あれ思ったより速いんじゃない!?

「ボス~!こっち向いて~!」「はーい!」恥じらい全くなし(笑)

なかなかいいフォームです。

まさかの照容スパート??

横顔も素敵で~す(もちろんお世辞で~す)

ボス、いつもありがとう!年代別8位入賞!タイムは敢えて載せません(笑)
(後方はチームのために札幌から応援に駆け付けてくれた佐藤隆史さん。)

Print Friendly, PDF & Email
2010年9月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac