2010北海道マラソン~松田洋編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道最強の市民ランナー
松田洋
北海道勢では7回目のトップ!!
総合32位 2時間32分42秒
写真提供:リラ整形外科クリニック
前半の新川通を走る松田洋(20K付近)

今年も北海道マラソンの道内招待選手として出場した松田さん。
常に安定したタイムで毎年上位をキープしています。
チームメンバーへの優しい心遣い、
しかし、競技に関しては厳しくどんな環境に立たされても
妥協しません。
冬の練習中に膝を強打し、復帰まで何カ月もかかったことありましたね。
(この時は血だらけで、中の骨まで見えたとか)
後遺症が残り、今も走りに疲れが出てくると
足を庇いながら走る事も・・・
しかし、そこは松田さん。
「これを克服して再度上を目指したいんです。」
と。
ここ数ヶ月の太田尚子さんの不調を心配し、
当日もスタートするギリギリまで
「少しでも良い状態で走って欲しいから」と、
尚子さんへ鍼、テーピングなどの治療をしてくれました。


松田洋
北海道マラソン 全成績
2010年 32位 2時間32分42秒(道内招待選手)
2009年 34位 2時間27分34秒(道内招待選手)
2008年 36位 2時間29分23秒(道内招待選手)
2007年 31位 2時間33分10秒(道内招待選手)
2006年 24位 2時間33分32秒
2005年 37位 2時間33分07秒(道内招待選手)
2004年 33位 2時間29分03秒(道内招待選手)
2003年 34位 2時間31分06秒(道内招待選手)
2002年 23位 2時間29分33秒(道内招待選手)
2001年 31位 2時間31分47秒(道内招待選手)
1999年 26位 2時間27分53秒
1998年 30位 2時間31分00秒
毎年ここまで結果を残すランナーは
(北海道マラソンでは)他にはいません。


毎月開催のランニング教室、北海道マラソン前日もマラソン講演会など、
チーム代表として動き回る私をも気遣い、
「アスリート作田徹を大切にして欲しい。」
「作田さんには、道内の代表的な市民ランナーとして
これからも息の長い選手で居続けて欲しいんです。」
とレース後メールが届いた時は胸が熱くなりました。
練習に集中出来ていない私を、誰より早く察知し
遠回しに「喝!」を入れてくれたのですね。
嬉しかった。
松田さんに恥じぬよう、次に向け練習を重ねますから!!(^o^)/


チーム内では親しみを込めて、
尚ちゃん、古ちゃん、阿部ちゃん、滑ちゃん、ノムさんなどで
呼び合っているのですが、何故か松田さんは
「松田さん」なんです。
これは決して互いに距離があるからじゃないんですよ。
それくらい誠実で「人想いな人」だからなんです。
あ、別に「ひろし」とか「まっちゃん」って呼んでもいいんですけどね(笑)
その方が照れます(^^ゞ
松田さんの今後のレーススケジュールは、
10月3日(日)別海パイロットマラソン(招待選手)に出場。
11月には道外のレースに参戦!記録を狙うそうです。


10月10日(日曜日)の作.AC北海道ランニング教室は
久しぶりに松田洋が講師を務めます。
皆様も、ぜひご参加下さいね!
あと、10月末には恐怖の北斗まつだ合宿第二弾が・・・・(笑)

2010年9月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac