第53回札幌国際ハーフマラソン 結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

沢山の応援ありがとうございました\(^o^)/
全員完走しました~!


みなさん!こんにちは(^o^)/
昨日(7月4日)は暑かったですね~
スタート時の気温は29度となっていましたが
もっとあったように感じました(^^ゞ
このレースの参加出場資格はハーフマラソンの公認記録で、
1時間18分以内(女子は1時間32分以内)
をクリアしなければ出場出来ません。
しかも記録の有効期間は2年ですので、
毎年コンスタントに結果を出さなければなりません。
プロ、実業団向けのレースですが
北海道の市民ランナーにとっては憧れの選手と一緒にスタートラインに立てる
年に一度の滅多にないチャンス!!
「一度は出てみたい・・・」
と想いを描くランナーも多いと思います。
冬場、つどーむや雪道で一生懸命練習したのに
春の公認レースで、
「1時間18分にあと数秒届かなかった・・・」
とガッカリするランナーも身近に何人かいました。
「もっと頑張っている人がいる!」
を励みに、
来年は一人でも多くのランナーが出場できることを願っています。
そう、それだけこのレースは苦しいけど楽しいんですよ。
折り返しですれ違うトップランナーの集団。
女子マラソンのテレビ中継で先頭集団を走っているランナーが目の前にいる!
男子顔負けのスピードで駆け抜けて行きます。
また、応援も凄いです。
今回は絶え間なく声が聞こえました(^J^)
正直、暑くて暑くて(笑)何度挫折しようと思ったことか・・・
沿道の大きな声援を聞くたびに奮起しました。
嬉しかったです。
余裕はなかったのですが(笑)
あるふり??しましたよ。
チーム一同、心から感謝しております。
本当にありがとうございました!
翔太、滑ちゃんと札駅で合流。

円山競技場スタンド最上階でスタンバイ。ここは日陰で涼しいんです。

スタート1時間前のアップ風景。

スタート20分前の様子。

いよいよスタート!緊張の一瞬です。

トップの選手のスピードは僕の100Mより速いでしょう。

【大会結果】
○男子
優勝 サイラス・ジュイ(茨城・日立電線)1時間01分20秒 
2位  マーティン・マサシ(スズキ浜松)1時間01分32秒
3位 サムエル・ドゥング(愛知製鋼)1時間01分35秒
4位  ジェームス・ムワンギ(NTN)1時間02分44秒
5位  メクボ・ジョブ・モグス(東京・アイデム)1時間03分18秒
6位 ビンセント・キプルト(ケニア)1時間03分42秒}
——————————————-
10位 今井正人(トヨタ自動車九州)1時間04分04秒
11位 浜野健(トヨタ自動車)1時間04分12秒
12位 三島慎吾(トヨタ自動車)1時間04分12秒
40位 渡邉真一(山陽特殊製鋼)1時間06分34秒  
48位 三津谷祐(トヨタ自動車九州)1時間07分08秒
53位 諏訪利成(日清食品)1時間07分18秒
83位 尾方剛(中国電力)1時間08分50秒
87位 片岡祐介(大塚製薬)1時間09分05秒 
 
        
今回、滑ちゃんは応援に回ります

ゴール後、作田とマツヒロ

【作.AC北海道】
○男子
164位 松田  洋 1時間14分16秒(道内3位)
181位 古田  仁 1時間16分57秒(道内8位)
189位 作田  徹 1時間17分48秒(道内10位)
210位 長塚暢稔 1時間19分30秒(道内16位)
236位 藤井翔太 1時間22分06秒(道内29位)
※男子296名中、北海道の市民ランナーは62名。
○女子
62位  太田尚子 1時間27分16秒
※女子72名中、北海道の市民ランナーは7名。
まったりする5人(あれ?古ちゃんは?)

フィールド内でダウンジョグ。

ダウン後、芝生が気持ち良すぎたのか?すっかり寛ぐ一同。

気付くとスタンドには誰もいなくなっていました(笑)

Print Friendly, PDF & Email
2010年7月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac