滑 和也 トラックレース3連戦!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1500Mに挑む
滑 和也


こんにちは!
ゴールデンウィークも残り少なくなってきましたね~
皆さんはどうお過ごしですか!?
天候にも恵まれ行楽には最高でしたね(^u^)
どうか、事故のないよう最後まで油断せずに。
さて、そんな中、
我がチームエース、滑ちゃんこと滑和也は一人、
学生に混じってトラックレースに挑みました!!
しかも10日間に1500Mを3本も。
正直、キツいと思います。
もし
「1500Mとフルマラソン、どっちに出る??」
と言われたら迷わずフルマラソン!
と答えます。
1500Mは究極ですからね~
限界を超えて、苦しみ抜いて走るのですから。
なので、僕はちょっと遠慮しときます(^^ゞ
久しぶりに後輩と再会。
現在は就職活動に追われ練習が出来ていない佐藤翔太君と佐藤誠人君。


厚別サブトラック。
チームはここにテントを張りアップやダウン、そしてレースに備え調整しています。


厚別陸上競技場。
ここは1989年の北海道はまなす国体に合わせ建設されました。


初戦(4月24日)は千歳青葉陸上競技場で開催されました。
ここのトラックは全国でも珍しいブルーのタータン。
気持ちも爽やかになりますよね(!?)
4月24日
1500M 3分58秒01
独走の滑ちゃん!初戦ということでリラックスして挑みました

でも、後で聞いたらスタート30分前に着いたとか??
この日は、チームメイトの太田尚子選手が応援に駆け付けました!


ダウンは大学の後輩、今村君。滑ちゃんを師匠と慕っています。

続く2本目は小樽市手宮陸上競技場にて。
当日のコンディションも良く、微風で走りやすかったとのこと。
4月29日
1500M 3分53秒11
そして迎えた3連戦最終会。
場所は厚別陸上競技場。
この日は風が強く、特にバックストレートは吹き飛ばされそう(笑)
「ここを走るなんてかわいそうだなあ~」
とまるで他人事のように思っていました。
(滑ちゃん、ごめんね。)
スタート前、まだリラックスしています。

後輩今村君。
何を考えているのでしょうかね。
コンディションにも左右されるので気持ちは複雑ですよね。


徐々にテンションを上げて行く滑ちゃんの表情に注目して下さい。
「風強そうだなあ~あの向かい風!キツいだろうなあ~(_&)」

「(先に走った組の選手の動きをみて)うわっ!みんな足が止まってる」
「おれ、大丈夫かなあ~?」


いよいよ出発コールが!
「よし!気合入れて!落ち着いて走るぞ。」


スタートライン

あっという間にゴール!いやぁ~思った以上に風強かった!!

1500M 4分02秒16
小樽の時よりキツかった~!

最後は軽めにマッサージで。

2010年5月4日 | カテゴリー : 滑和也 | 投稿者 : sakuac