作田徹 100Kワールドカップ2009レース奮闘記①

このエントリーをはてなブックマークに追加

IAU100Kワールドカップベルギー大会2009
レース奮闘記①~移動と観光~
6月16日、関空からベルギーへ出発の日。関西出発組は宮里さん(信太山自衛隊)井筒さん(大阪陸協)作田、尚子さん(作.AC北海道)の4人。
関空→パリ(約13時間)→ブリュッセル(約2時間)→トルホ(2時間)
寝て食べてで体はダルく重い(笑)早く練習(ラン)したかったけどトルホに着いた時間は23時過ぎ・・・部屋割をしてすぐに寝てしまいました。
長旅の間、多くの選手がスキンズを着用していました。(もちろん私も)おかげで足のむくみはなかったです。ですが、足首から甲にかけてパンパン(笑)もし、長時間の移動ならスキンズトラベル用をお薦めします(アーチもサポートしてくれるので)
翌朝、代表メンバーと軽く(11K程度)ジョグしました。市民ランナーとして全国区の豪華選手と走れて幸せでした。聞くと意外とジョグペースは遅く、キロ6分がベースの選手が多かったです。
宿泊先はペンション(オーナーは酪農を営む傍ら経営している感じ?です)とてもアットホームで食堂では楽しい話題が飛交いリラックスできました。
&img

みなさん、こんにちは!
札幌スポーツ館ランニングクラブを発足しました。
作.AC北海道のメンバーで始めたランニング教室も早いもので丸2年・・・
最初の1年半は札幌丸井今井さんにバックアップして頂きました。
そして、今年の1月からアシックス北海道販売(株)さん、
(株)スポーツハウスさんに、ご支援頂いております。
今回のクラブ発足も月1回のランニング教室がきっかけでした。
会を重ねるごとにご参加頂いているランナーのレベルがアップし、
初心者の方がなかなか一緒に走れず・・・
せっかく、
「ランニングを始めたい!!」
と、強い気持ちで参加しても
走れている方と比較し、
「やっぱり私には向いていない・・・」
と、諦めてしまうケースが多かったのです。
なので、
「初めての人でも気持ち良く楽しく走れる会を発足したいなあ・・・」
と考えるようになりました。
札幌スポーツ館の織田部長、そしてアシックスの林推進部長に相談したところ
「ランニングをもっと気軽に、みんなが楽しく集えるものにして欲しい。」
という想いでしたので、今回発足致した次第です。
&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&img

&

2009年6月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sakuac