滑和也レース奮闘記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年6月6日

ホクレンディスタンスチャレンジ札幌
3000M 滑和也(なめら かずや)
4位 8分13秒77(札幌記録)

日本選手権の3000mSCへ向けたスピード練習として出場。
練習と割り切ったおかげで、リラックスして走ることができました。

滑ちゃん以外は実業団選手です

1位の外国人選手は独走で、自分は第二集団前方でレースを展開。
最初からガンガン攻め続け、苦しい時はあえて前に出て集団を引っ張るなど、
自分で自分をだましながらレースを展開していきました。
1000mの通過ラップが2’39、2000mの通過ラップが5’24。
ラスト1周で離されてしまったものの、
去年のディスタンス釧路でマークした815を2秒更新する、
8分13秒77、4位でゴール。

今年から社会人となり、学生時代に比べ練習に時間を割くことができなくなった分、
スタミナは捨てスピードに的を絞って練習計画を立てました。
ペース走などは一切せず、300mのインターバルや1000mのレペなど、
スピード練習のみを行ってきました。
今回、実業団と対等に戦うことができ自信がついた。

あとはハードリングさえうまくいけば、3000m障害での自己ベスト更新も可能かと思います。

 

落ち着いた滑り出しの滑ちゃん

 

3000M障害もこの調子で

 

 

Print Friendly, PDF & Email
2009年6月16日 | カテゴリー : 滑和也 | 投稿者 : sakuac