北海道インカレ5000M

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月3日(日)

 

沢山のご声援、本当にありがとうございました

 

最後のインカレ出場となった玄、一輝、達也を囲んで

 

すえーでん、ゆっこ、くんちゃん、忙しいのにありがとう

 

いつも応援ありがとうございます!!

 

レース後の様子

 

こんにちは、作田です。

北海道インカレ最終日、5000M決勝が行われました。

各種目3名枠のため、どうしても出場できないメンバーがいます。

現状を考えると、今の2年生、3年生の方が走れたでしょう。

なぜなら4年生は就職活動の真っ最中で、練習だけに打ち込む余裕はありません。

しかし、多くの4年生が退く中、走ることを続けてきた彼らに、最後は自分の種目でゴールして欲しいという想いがありました。

澤井玄、山中一輝、牧野達也に結果はどうあれ、走ってもらいたかったのです。

これが入賞が期待できる、上位がかかっているならそういう選択はなかったでしょう。

今のメンバーだからできること。

快く理解してくれた2年生、3年生には感謝しています。

 

同日、3年生の大聖と亮太は小樽選手権へ

 

結局、競技中止となりましたが

 

それも、良い思い出ですね

 

手宮線の線路を眺めるだけでワクワクします

 

それでは、女子5000M決勝から。

昨年から札幌国際大学が上位を占め、女子5000Mも活気があります。

高校で長距離を辞める選手が多い中、このスタートラインに立つこと自体、立派です。

 

出場選手も増えましたね

 

緊張している様子