RedBull400

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月12日(土)

写真:柳澤保志

 

世界一過酷な400M

 

ゴール付近

 

男子シングル予選の様子

 

スタート30分前の選手ブリーフィングミーティングの様子

 

昨年に引き続き、レースディレクターを務めさせて頂きました

 

こんにちは、作田です。

5月12日(土)大倉山ジャンプ競技場において、REDBULL400が開催されました。

出場された選手の皆様にとってこのレースは、辛く、苦しいもので、まさに世界一過酷な400Mだったと察します。

しかし、自分自身の限界にチャレンジされたことは大いに称賛してよいものです。

この壮大で緑いっぱいな自然環境の中、走り終えた後は、気持ちの良い時間を過ごすことが出来たのではないでしょうか。

私は昨年に引き続き、REDBULL400という大きな組織(運営チーム、競技チーム、救護チーム、会場設営チーム、計測チーム)の中の競技チームを担当させて頂きました。

これだけの大きなプロジェクトの中の重要な部門を任せて頂き、大変光栄です。

しかし、到底私一人でできるわけがありません。

それを取り巻く環境が整っていなければ自信を持って挑めないと深く感じています。

いつもの仲間がいてくれるだけで、どれだけ心強かったことか。

毎回、毎回、見返りも気にせず来てくださるみなさん、ありがとうございます。

それでは、苦しくも楽しかったREDBULL400の様子を写真にてどうぞ。

 

2018年3月、早速コース監察に伺いました

 

実は高所恐怖症だったのですが、少し克服しました

 

そして、5月10日(木)樹を連れて最終チェック

 

シミュレーション

 

なかなか軽快

 

なわけがありません

 

 

2018年5月14日 | カテゴリー : REDBULL400 | 投稿者 : saku.ac