日刊スポーツ豊平川マラソン2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月5日(こどもの日)

写真:菊地真司(作.AC北海道)

 

午前9時30分、ハーフマラソンスタート(写真提供:日刊スポーツプロモーション)

 

ハーフマラソン優勝は土橋晋也さん(1時間08分47秒)、2位は工藤拳大さん(1時間10分30秒)

 

川内優輝さんの走りを間近で見ることが出来るなんて、一生の思い出ですね

 

みなさん、おはようございます。

少し遅くなりましたが、日刊スポーツ豊平川マラソンの報告をさせて頂きます。

日刊スポーツ豊平川マラソンは、北海道の多くの市民ランナーが集う、歴史ある名大会です。

僕の中では5月5日と言えば、日刊豊平ですね(笑)

 

真駒内公園の桜もきれいです

 

栄えある日刊スポーツ豊平川マラソンに、特別ゲストランナーとして毎年参加させて頂き、本当に嬉しいです。

私が初めて参加したのはもう27年前。

確か当時は自衛隊、北海道警察、大学生などが上位を占め、市民ランナーが上位に入賞するなんて考えられませんでした。

しかし今は、市民ランナーが上位を占める時代です。

1日24時間という限られた中で仕事をし、家庭を守り、練習をする。

生活リズムが確立されればスムーズにいくのでしょうが、昇格、転勤など、環境が変わるとまた、スケジュールを組みなおさなければなりませんしね。

ちょっとでもバランスを崩すと、たとえ時間があったとしても走る意欲すら失くすでしょうし、

逆に、時間を大事に使うコツさえ身に付ければ、忙しくても効率よく練習をすることが出来る。

一時的な記録より、走ることを長く続けられているランナーの皆さんを敬服いたします。

今回も、お馴染みのランナーが元気に走られているのを拝見し、感激しました。

 

かつての女王、石崎千恵子さん

 

余市マラソンクラブの前田豊子さん

 

それでは、楽しかった日刊スポーツ豊平川マラソンの様子を写真にてどうぞ。

 

本部控え室にて

 

開会式前の様子

 

ペースランナーとして、宜しくお願い致します!

 

開会式に出席する川内優輝さん、阿部雅司さん