SUBARU陸上部の滑和也選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月29日(木)

 

SUBARU陸上部の情報はこちらから

SUBARU陸上競技部ホームページ

 

 

ケガの多い7年間でしたが、本人はすごく幸せだったと思います。

 

SUBARU陸上部の奥谷監督と、東京マラソン後に

 

2018年3月、北海学園大学陸上部長距離メンバーに囲まれて

 

2011年4月にSUBARU陸上部に加入し丸7年。

あっという間の7年でしたね、滑和也選手。

7年も経ったというのに、あの頃と全く変わらない。

市民ランナーだった彼が、まさか、実業団選手になるとはね。

速くて、強くて、若くて、それに見合ったキャリアを積むと、ましてや実業団選手ともなると、

上だけを見てしまって、今までの恩や、それまでの仲間のことを忘れることが多いものです。

それをまあ、札幌に帰省するたびに連絡をくれて。

彼が愛され続けるのは、そういうところです。

もちろん、選手としても頑張りました。

結果が全ての実業団で、選手として7年務めるのは容易ではありません。

滑ちゃんの大会結果、いつもSUBARUホームページでチェックするのが楽しみでした。

結果が良いと喜び、そうでないと、落ち込み・・・

辛いんだろうなあとか、何を考えているんだろうなあとか・・・

これで踏ん切りがついたでしょう。

これからの人生、全て人とのつながりです。

まだまだ走り続けるとは思いますが、実業団選手としては一区切りですね。

今の気持ちを忘れなければ、大丈夫です。

 

2014年1月1日、3年目でようやくニューイヤー駅伝に初出場(区間4位)

 

颯爽としていました

 

2015年1月1日(ニューイヤー駅伝/区間10位)

 

2015年7月のホクレンディスタンス深川大会

 

2016年2月延岡西日本マラソン(9位/2時間20分51秒)

 

2016年4月チェレンジミートinくまがや

 

Print Friendly, PDF & Email